--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
09/06
*Sun*

サメの楚割(すわやり)

昨日今日、古代の食についてお話を聞いてきました。
今日は古代の宮廷料理。
奈良パークホテルで再現されている「天平の宴」の献立を元に、
料理部長さんのお話でした。

チーズの元祖の蘇と共に、サメの楚割(すわやり)を試食
させていただいたのですけど。
感慨深かったです。

楚割(すわやり)は、細く割いて干した魚。
サメとか鮭、鯛だとか。
炙って食べるのだそう。

食材や調理・加工などは、出土する木簡の記述が参考となる
そうですが。
その木簡。
父方祖父母の小さな小さな島の名が書かれた物があるのです。
奈良時代、海産物を朝廷に献上していた記録。
まさしく、このサメの楚割(すわやり)も。

はるか昔のご先祖が、せっせと働き都に収めた海の幸。
試食の小さな1切れを、今、一般庶民の子孫が口にするこのご縁。
思わぬところで、何かひとつ通じたような。
ちょっと嬉しいです。

COMMENT

古代の宮廷料理を頂いたなんて、
なんて、素敵な体験!!

貴重な体験でしたね~~(^o^)丿
私も体験したかったな~~(^^ゞ
by かおり #-
2009/09/07(月) 10:38 [Edit
かおりさん

ほんの2口の試食ですょ~。
あとは写真で解説お話(苦笑
まほろば館のイベント募集ページに出てる↓写真、これです。
http://www.mahoroba-kan.jp/event.html#61
でも蘇は現在でも高価だから、試食万歳ですが^^

天平の宴、実際体験してみたくなりました。
いいなぁ(妄想、笑
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2009/09/07(月) 21:54 [Edit
その島の名前を見た時、とても感動したこと
でしょうね。
繋がっているってわかるとさらにうれしさが倍増するものだよね。
by megacon #-
2009/09/08(火) 10:04 [Edit
megaconさん

ありがとう~。
以前伊勢がらみで検索してたとき見つけたの。
それまでは島についてほとんど知らず。(知ろうともせず、汗)
もう、びっくりでした。
楚割いただきながらお話聞きながら、不思議な気分でしたょ。
しみじみぽかぽか。
だから奈良を学ばなきゃいけなかったのかもね。
by たまよりあまくり #QKBGnHFY
2009/09/08(火) 22:15 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。