--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
08/06
*Thu*

まるで夢を見たような

category : 映画 | つぶやき | 日記
そんな感じでした、来月公開の映画「火天の城」。
「安土の山をまるごとひとつ、三年で城にせよ。」
織田信長の命にて、安土城を築き上げた宮大工棟梁と職人さん、
そして、そこに携わった名も無き人たちの物語。



・・あぁ、もう今日一日、思い出してはひとり涙目。

木の声を聞き、人を見、人を思い、天にそびえる巨大な城を、
命がけで築こうとした人たち。
それを支える人、その姿に心動く人。
ひとつひとつ、みんなの合わせた手ヂカラで、壮大な城が
そびえ立つ。

身体張って、仲間と共に。
安土城の物語を見ながら、全国の歴史ある社寺城建物を
思いました。
それは、昔々のたくさんの人たちの心意気のカタチ。

そして、まるで以前読んだ法隆寺宮大工元棟梁西岡常一さんの
口伝語録のような主人公のセリフの数々(泣

働く姿を見ながら、働くっていいかも、って思った瞬間。
戦戦の戦国時代、それでもそこにある、希望や喜びや
誠実さが見えた瞬間。
大きな大きなかつて昔々の熱い一場面。

未だ、感動余韻醒めやらず・・

ただひとつ、お伊勢さん遷宮用の神木を請い譲り受け、
というところ以外はね(驚&汗

火天の城  木に学べ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【後日談】
原作を手にしてみたら、西岡常一さんの著書が参考文献に、
そのお弟子さん小川さんの名が協力者の中にありました。
やっぱり^^

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。