--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
08/01
*Sat*

飾りはいらない

誰かの為に動くのに、余計な飾りはいらない。
耳を傾け、足を運ぶ。
日本橋三越のプリンセス・ダイアナ展を覗きながら、そんなことを
思いました。
ダイアナさんの生前の姿活動表情に、今更なんですけど
心動かされ。

その後その三越前、まほろば館で万葉古代学講座。
今日のテーマは大和三山の古代。
天智天皇の歌を題材に、折口信夫氏の三山描写や口語訳を
参照しながらのお話。

「香具山は 畝火ををしと 耳梨と 相あらそひき
神代より かくにあるらし 
古昔も 然にあれこそ うつせみも 嬬を 争ふらしき」
(参考解説例動画こちら → ココロ・ニ・マド・ヲ万葉集

山の形見え方は、眺め立つ地によってそれぞれで。
行ってみないとわからないこと。
現場・背景を見ないとわからないこと。
どこから何を見てどう思ったのか。
体感してわかるその場、そしてより感じられる心。

今日のダイアナさんも、特に何という気もなくギフトチケットで
ついでの気持ちだったのですけど。
覗いて良かったです。

さぁ、シンプルに行こ。

COMMENT

万葉集の動画、はまってます。
中西さんのお話も奥が深くて。。

神と崇められている山でさえ、
恋愛問題になると争ってしまうんですね。。

ダイアナ展も気になってきました。。v-254
by かおり #-
2009/08/02(日) 08:47 [Edit
かおりさん

そういう伝承があるそうです。
その伝承に例えて当時の三韓(高句麗・百済・新羅)を歌っているという説、
私はその意味が含まれている気がしますが。

「ココロ・ニ・マド・ヲ万葉集」の中で、↑の歌のBGMが一番好きです(笑
私は犬養孝さん著「万葉の人びと」ですっかりハマりました。
深イイですょ。

ダイアナ展は10日までですって。
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2009/08/02(日) 16:22 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。