--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
07/25
*Sat*

忘れてます

日本人は無宗教だというけれど、それは一神教的考え方。
かつては自然の全てあちこちに、トイレにさえも神仏がおられると
畏れ敬い、その恩恵で暮らしてきた日本。
明治の廃仏毀釈、昭和の敗戦などですっかり一神教的考え方を
磨り込まれてしまった。
お正月には初詣に行き、お盆には墓参り、結婚式は教会風や
神式で、クリスマスもやり葬式にはお坊さんを呼ぶ。
日常は、神仏と共にあるじゃないですか。

私たちがもう一度取り戻すべきものは、
お蔭さま、もったいない(畏れ多い)、有り難い、の心。

今日はそんなお話を聞いてきました。
修験の聖地、奈良吉野の金峯山寺執行長さんの語る修験の心。

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」には、寺や神社に行くのが
目的の参詣の為の道だけじゃない、修行の為の道がある。
異なる聖地を繋いだのが、日本古来の山岳信仰に神道や仏教、
道教や陰陽道などが習合して成立した修験道だと。
以前参加した熊野古道フォーラムでの、異なる宗教が共生できる
日本のいいところが世界にやっと認められた、というお話を思い出して
感動復活、目もウルル。
(その時の日記、こちら→熊野古道「首都圏」フォーラム

そして、奥駆道の映像を見せていただきながら
「懺悔(サンゲ)懺悔、六根清浄」の唱和を初体験。

かつて、好きと言わずに好きを言い想いを察し受け取ろうとした人たち。
貧乏神すら大事にし、福の神に生まれ変わらせた人たち。
昔々を学びたいのは、すっかり忘れ去られた大事なことを知りたいから。
まだまだ、忘れていることいっぱいです。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。