--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
07/20
*Mon*

セントアンナの奇跡

category : 映画 | 日記 | 日記
戦争映画は嫌いではありません。
戦闘シーンは苦手ですけど、見るたび、強く思うことあるからです。
そこにある史実を知ることで、その人たちの死が活きる気がして。
そして、より命が愛おしくなるからです。

先週、「セントアンナの奇跡」を観ました。
セントアンナは、イタリアのトスカーナにあるサンタンナ。
第二次大戦時、その地でドイツ軍による市民の大虐殺があったのだそう。
40年後、NYで起きるある事件のカギがそこにある、という展開。

主人公は、大戦時イタリアの最前戦で戦ったアメリカの黒人兵士。
部隊内で起こる差別は日常。
ある時仲間のひとりが現地の少年を助け、その手当ての為に仲間4人、
隊と離れて小さな村へ。
自然に、村人たちと馴染む彼ら。

そこで語る彼らの言葉が痛い。
「国の為に戦っているのに、同じアメリカ人には差別され、
このイタリアでは誰も人種を気にすることもない。
皮肉なことに、ここでは自分が自分でいられる・・」
(こんな感じです、記憶曖昧。すみません)

本当の敵は外でなく内。
敵の中にいる、同じ心を持つ兵士。
未来の自分を助ける、今の自分の行動。
今のありがとうは未来のチカラ。
ふと、エルトゥールル号遭難事件を思い出した最後の結末。

亡くなった人たち、生き伸びた人たち。
そのたくさんの人たちが重なり合って今が有り。
だから今在る私たちは、精一杯生き切らないとね。
人だって国だって、数々の傷みを乗り越えて来てるんだ・・

そんなこんなを思いながら、コメディ好きで戦争映画が苦手な
同行人KちゃんのR15指定鑑賞後の一言に、ドキドキ。
しかし、「見て良かったょ?。」(by K)

・・知るは大事(汗
これまたひとつの奇跡!?でした。(苦笑

セントアンナの奇跡

COMMENT

子供の頃から戦時中の夢をよく見ます。
ミサイルや戦闘機がすぐ目の前に迫ってくる映像はすごくリアル。
その中で私はいつもみんなを守るために防空壕を掘っています。
どのぐらい深ければ大丈夫かとか食べ物を貯蓄しなきゃとか、電波が届くために無線入れなきゃとか、結構本格的に考えて。
そして必ず暑い夏で、見上げる空は真っ青で、向かってくる飛行機が雲のように白い。
目の前に迫る飛行機の大きさにびっくりした時、目が覚めます。
それが最後の瞬間の記憶なのかなって思います。その先がない。
戦争映画を見たりする時、それがどんな内容でもどの国の話でも「私は自分側からの正義で生きよう」と必ず思います。
by マルコ #-
2009/07/23(木) 23:33 [Edit
マルさん

その夢のようなことが起こらぬよう、無くなるよう、
対敵ではなく対人でありたいと思う。
相手は相手で、相手の正義と各事情が有り。
少し前に「真夏のオリオン」も見たけれど、戦争を知るたびに、
誤った正義のぶつかり合いの犠牲の大きさが身に沁みる。
もう充分、人類はその痛みを学んで来てるはずなのにね。

と同時に、
今があるということは、例えどんな人であれどんな状況であれ、
何があっても繋げてくれた人たちがいるということ。
その記憶が詰まってるこの肉体。
歴史を学ぶたびに、それを強く思います。
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2009/07/24(金) 01:00 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。