--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
05/31
*Sun*

学ぶは楽し

一昨夜はアイルランドのケルトをテーマにした写真展の会場で、
鶴岡真弓さん(多摩美術大学教授、ケルト協会顧問)の
ギャラリー・トークでした。
(Rさん、ありがとうございました!)

鶴岡さんのお話は、先日近著「阿修羅のジュエリー」出版記念の
シンポジウムに続いて2回目。
今回は、ケルトのお話。

アイルランドと日本。
ユーラシア大陸を挟んで果てと果て。
遠いようでいて、似たとこがあり。
離れていながら、共振してる。
繋がる、西の極みと東の極み。
いつか誰かが言っていたのは、大陸の両の耳たぶ(苦笑

世界地図
            Wikipediaより

アーサー王が探究する聖杯は、尽きぬ豊かさの象徴。
神話に出てくる、粥の尽きない大釜。
西の極みの豊かさの探究の物語を聞きながら、東の極みは、
それがすでに有ることを知る地なのだと思いました。
忘れてること多々、ですが。
西を知ることで見えてくる、東のこと。

そして昨日はアイルランド総合講座6回目、テーマは演劇。
口承伝承文化が育んだ表現芸術。
先生の専門はサミュエル・ベケットだそうですが、、、
見せていただいた映像がかなり個性的なので、UPは遠慮しました。
なになに?って思う方、こちらへどうぞ → Not I
・・・芸術って難しいです(汗

なにはともあれ、小難しい話も耳慣れた単語に引っ張られ
あっという間に時間が経過。
西と東と探究と、自分の「好き」がまた繋がる最近。
鶴岡さん曰く、アイルランドやケルトを掘り下げるのは、この日本、
自分のルーツを掘り下げるのと同じこと。

思うこと浮かぶこと気づくこといっぱいなんですけど、、、
うまく言葉で出しきれませんっ><

カイローページ  阿修羅のジュエリー  
 Wikipediaより
左)ケルズの書 カイロー(XP)ページ 
右)鶴岡真弓著 「阿修羅のジュエリー
      

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。