--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
11/25
*Mon*

馬射戲(まさひ)競技を見てきました

category : 旅・遠足 | 日記 | 日記
出世橋

こちら、日高市高麗(こま)川の出世橋。
渡ると出世するそうですよ。
・・もう何回渡ったかな(苦笑

今日は高麗郷文化フェスティバル、高麗神社の近くで行われた馬射戲(まさひ)
という流鏑馬に似た競技を見てきました。

馬射戲Ⅰ

競技参加の射手のみなさん。
7名のうち6名が韓国からお越しです。
紅一点は高校2年生の女の子!

馬射戲Ⅱ

逆光で暗いけど、なんとか撮れました。
200メートルの馬場に的が5つ、大変です。
60→40→20cmと、回ごとにだんだん小さくなっていく的。

サムルノリ

これだけ見てると、どこに居るのかわからなくなりませんか。
高麗川の牧場です(笑

この競技、408年頃の高句麗の壁画に描かれているそう。
↓いただいた資料をiphone撮り。

高句麗壁画Ⅰ  

この壁画「馬射戲図」を元に競技の再現を試みたのだそうです。
高句麗は騎馬民族、建国の祖の朱蒙(チュモン)は弓の名手ですもんね。
(今年は第2回目。)

高麗神社

そして久々に高麗神社。
境内でのセミナーや催事のほか、今日は七五三の家族連れもたくさん。
(ゆかりのみなさんなのかなぁ。。)
以前足を運んだ時に参集殿の壁に古墳壁画の図があった気がしたのですが、
今日は見当たらず、、、残念。

再来年、高麗郡建郡1300年なのだそうです。
天智天皇の頃、高句麗から渡来の人々が移り住み。
高麗神社の御祭神、高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)は高句麗の王族で
初代の首長(郡司)。
今の宮司さんはその子孫にあたります。

聖天院山門

せっかくなので、高麗王若光が眠る聖天院さん。

高麗王若光王廟

高麗王若光の王廟前。
この両脇の羊はどういう意味なのかな。
調べよう。

聖天院Ⅱ

高台にある本堂の前から見た景色。
本堂横を左奥に入ると在日で無縁仏となったみなさんの慰霊塔があるのですけど、
この地は若光の頃に最高の風水の地と定められたのだそう。
慰霊塔の近くには広開土王や檀君などの偉人像があり、地の記憶と繋がりの
強さをいつも感じさせられます。
(地・血・知・乳・父・・・)

そして、その頃の日本を思ふ。
淡海帝、天智天皇の世。
昭和天皇が目指した、天智天皇。
(次は大津かな・・)
民族問わずの先人の苦労。

来週から気忙しくなりますから。
この週末は年末に向けてお掃除・片付け開始の予定だったのですが、、、
行っちゃった
(一応体験学習のつもり)
日々こつこつ、しかないですね

高麗神社道標

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。