--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08/31
*Sat*

長篠・設楽原の古戦場跡で

category : 旅・遠足 | 日記 | 日記
8月も終わりですね。

先日帰省時に、初めて火縄銃に触りました。
戦国時代の古戦場跡、新城市の設楽原歴史資料館にて「手にとってご覧
ください」

火縄銃Ⅰ

持ち上げてみると、重いこと。
これを担いであれこれかさばる戦の装備を身に着けてこの山間を歩み戦った
とは...(ギョッ
なんて苦しい不自由合戦。
勝っても負けても、下っ端の苦労必死は同じ。

設楽原

この資料館の東側には、信長・秀吉・家康の各本陣があったそう。
愛知では三英傑、屋上から見えるその辺り。
こんな山間に集ったのです、遠方あちこちから。
・・それだけでも十分、疲弊困憊のモト

火縄銃Ⅱ

資料館には火縄銃がいっぱい。

火縄銃Ⅲ  御座敷銃砲

左利き用の銃や、高級武士の子弟が砲術を学ぶための「御座敷銃砲」、

信玄砲

日本最古の火縄銃のひとつで伝説の火縄銃「信玄砲」、、等々。

撃たれたら痛かろう、苦しかろう。
撃つ方も、それは簡単なことじゃない。
そして時代はずいぶん違うけれど、こんなに重い銃を持って幕末の八重さんも
戦ったのだなぁ、、と。
火縄銃をより良くと、学び改善に励んだ人たちが居たことも。

設楽原歴史資料館

戦国時代はチンプンカンプンなもので。
何も知らずに案内看板を見て立ち寄ったのですが、思わぬところで思わぬご縁。
手にした銃の重みは、その昔も変わらない。
同じ現実。
で、

長篠城址史跡保存館

少し離れた先、戦の舞台の長篠城址では。
ちょうど長篠城址史跡保存館でテレビ番組の収録をしてました。

胴火(火縄筒)

こちら火縄が消えないよう保持する道具「胴火(火縄筒)」ですって。
腰にさす、そう。

火縄

火縄銃の火縄も。

朱塗篠籠手

こんなの腕につけて、、
動きひとつも大変だ。

長篠城址Ⅰ

日本百名城のひとつ、って知りませんでした。
子供のころ学校の遠足で来たり、地元に居た頃ドライブ途中で寄ったことも
ありましたけど。

内堀Ⅱ  長篠城址Ⅱ

内堀の間を抜けて、

長篠城址Ⅲ

入ってすぐ右側が本丸跡。
写真は奥から向きを変えて撮ったので、左側の白い案内が立っている辺り。
(ここでお弁当食べたなぁ・・)

あまりの炎天に界隈の史跡巡りは諦めたのですが。
動いた時に動いた分だけ、感ずるものがありますから。
今だから、の。
時に点が繋がる。

こちら、三河一宮の砥鹿(とが)神社です。

砥鹿神社

しかし、
今日も暑すぎ!
どこかに行きたい病も萎えるほど。
所用だけ済ませて家でおとなしくしていましたけど、結局何もはかどらず><
長篠話も今頃やっと

ダルマ自転車
明治のダルマ自転車(設楽原歴史資料館)

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。