--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07/29
*Mon*

遠足、さきたま風土記の丘(2)

category : 旅・遠足 | 日記 | 日記
さて、つづき。
今回はちゃーんと、お昼休憩取りましたょ。
いつもおむすび片手ですが(苦笑

有名どころのその前に、神社に挨拶を。
埼玉県の名前の由来となった前玉(さきたま)神社がこのすぐ近くに。

前玉神社Ⅱ  前玉神社Ⅰ

古墳の上に建立されています。
神前で手を合わせると、古墳群に向かって手を合わせる形になるとか。
その昔、幸魂神社とも書かれたそうで。
ご祭神が男女の神様(前玉比売神・前玉彦命)でもあるため、縁結びで
みなさん訪れるそうです。
なんとなく、玉つながりで親近感。
さぁ、古墳に戻りましょう。

二子山古墳

武蔵の国で一番大きな前方後円墳、二子山古墳(5世紀末)をぐるりと
回りながら、

将軍山古墳Ⅰ

展示館のある将軍山古墳(6世紀後半)へ。

将軍山古墳Ⅱ

チラホラ見える、復元の円筒埴輪。
見えますか!?
こちら、さきたま史跡の博物館のチケットで展示が見られます。

将軍山古墳断面

古墳の断面や

将軍山古墳副葬品復元

石室の内部、副葬品の復元も。
本物は、史跡の博物館で展示中。
古墳は先人の眠りの場ですから、礼を欠くことがないよう訪れたいものです。
挨拶を忘れずに。

さきたま古墳公園内Ⅱ

周りは一面、緑です。
そろそろ疲れてきませんか?
何か所か休憩場所は設けられていますが、日差しを遮るものがないので
夏場は要注意。
炎天下は結構、キツイです。

稲荷山古墳Ⅰ

次は、ヲワケさんの剣が出土した稲荷山古墳(5世紀後半)。

稲荷山古墳Ⅱ

さぁ、登りますよ。

将軍山古墳Ⅱ  丸墓山古墳Ⅰ

上からぐるり。
先ほどの将軍山古墳と、このあと向かう丸墓山古墳が見えます。

余談ですが、
ここで英国のグラストンベリー・トアに登った時のことを思い出しました。
上に立った時の感じ、見える景色、雰囲気がとてもよく似てる。
大王に仕える地方の臣というヲワケさんの話も、アイルランドのその昔大王
(ハイキング)とその下に集う地方の王たちのことを思い出して。
そして古墳の横を歩きながら、同じくアイルランドのニューグレンジを思い。
いったい、自分はアイルランドの神話が好きなのか古墳に惹かれていたのか、
何に引っ張られていたのか、行きつくところはこの古墳時代だったのか・・
わかったようなわからないような、結局繋がってるような。
歩きながら、妙な感じでした。
ただひたすら、ミゾオチ高鳴る。

もしかしたら、ゆっくり一周するうちに何か自分の奥の奥にあるものが出て
くるかもしれません。
とても静かで、巡礼的で。
お試しあれ。

稲荷山古墳Ⅲ

前方部から後円部へ進むと、

稲荷山古墳の埋葬施設

ヲワケさんの剣が出土したところ、復元。

稲荷山古墳Ⅳ

後ろを振り向いてみたりして

稲荷山古墳Ⅴ

そして降りる。

稲荷山古墳Ⅵ

ありがとうございましたm(_ _)m

さきたま古墳公園内Ⅳ

この辺りには少し木陰が。

丸墓山古墳Ⅱ

最後に日本一大きな円墳、丸墓山古墳(6世紀前半)。
昔、豊臣秀吉の家臣の石田三成がこの上に陣を張ったそうです。
いいのかなぁ。。

丸墓山古墳Ⅲ

登りましょう。
・・結構大変
急な斜面を横目に、この土を盛った人たちを思う。
(ここを踏みつけて戦なんてねぇ・・)

稲荷山古墳Ⅶ

春には桜が咲くそうです。
木陰で、稲荷山古墳に目を向けながら。
反対側からは行田市街、忍城がよく見えます。

丸墓山古墳Ⅳ

さて、ここを降りたら古墳一巡り完了。

さきたま古墳公園内Ⅴ

上の写真すべて、この同じ地の上に、古墳がつくられた時代も太閤秀吉の
世も平成の今もその間も、乗っているわけです。
目にしているこの瞬間も。

もう10分早ければ忍城まで足を延ばしたかったのですけど、向かう最後の
周遊バスに間にあわなかったのでまたの機会に。
古墳下、戦国時代の堤の跡を歩いた先には、

さきたま古墳公園の古代蓮

古代蓮の池。
なんだかかつてのひと時代、巡ったような気がしませんか?

今回古墳公園初体験、なんとも言えないこの時間感覚にすっかりハマり
ました。
すごいです、行田市、埼玉。
史跡の博物館も良かった!
身近なところ、やっと足元見た感じ。
まるで『アルケミスト』のサンチャゴみたい、なんて。

懲りずにここまでのおつき合い、ほんとうにありがとうございました。
ご存知のみなさん、体感はもっと!全然違いますょね。
これからのみなさん、異界探訪いかがですか!?

涼しくなったらまた、ゆっくり古墳巡りしたいです。
ほんとはすぐにでも(笑

古墳を大切に 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。