--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06/24
*Mon*

科博に行って

ザ・ブルー・マーブル Wikipediaより

世界って広い。
宇宙はとてつもなく果てしない。
地球は強い。
すみません、もーう今更
昨日は久々、上野の科学博物館で。
くらくらするほど圧倒されて帰宅しました。
時間も命も天も地も、かなわぬ自然も計りしれない人の思考も。
目的は江戸の星と暦だったのにね◎◎
未だ、うまく言葉にならず。

貞享暦

ありましたよ、渋川春海さん作の暦と

渾天新図  紙張子製地球儀・天球儀

銅製の天球儀、紙張子製の地球儀・天球儀のレプリカ等々。
(うまく撮れてませんけど><)

前にも見てるのに。
知ると、見える世界が変わるから。
整った文字の向こうに、長い長い時間の観測・思考錯誤・修練・協力・苦労、
そして手があって。
どれだけたくさんの好奇の目が、歓び感嘆したことか・・
ね。
見事。

“和算の聖人”関孝和さんも、ちゃんと紹介されてました。

『関流免許皆伝書』『発微算法』複製

『関流免許皆伝書』と著作の『発微算法』の複製。
見て(見えて)なかったんだなぁ、以前は。
ちゃーんと、教えてくれてたのに。
日々日常もきっと、これの繰り返しだ

球形のシアターで映像を見たのですが、これがまた。
国のエライみなさん、みんなこの中に入ればいいのに。
今月上映しているのは「人類の旅 –ホモ・サピエンス(新人)の拡散と創造の
歩み–」 と「マントルと地球の変動 –驚異の地球内部–」。
激しく動いてる地面の下の、その上でいかに危ないことを未だ続けているか。

カビ

歯止めきかない人間よりも、あとで目にしたカビの菌の方がよっぽどエライ。
・・なんて。
短い映像でしたけど、生きる地球が強烈に身に沁みました。

はるかな時間と、命の歩みと。
豊かで多種多様な個性ある生き物の数々は、まるで立体曼荼羅を観たようで。
脳から人体、世のしくみ、ただ今頭の上の夜空まで。
大小相似する宇宙が頭を巡って巡って。
すみません、やっぱり未だくらくら中◎◎

星のカケラのわたしたち・・
って、そうだまた佐治先生の本を読もう。

着飾ろうが大きなことを言おうが、泣こうが怒ろうが。
宇宙の時間からみたら、地球の命の数からみたら、小さなカビの菌よりもっと
小さなこと。
それでも、がんばりや喜びや黙々や。
小さな積み重ねで今日になって明日が来て。
これまでも、これからも。

そういえば、、
なんだか、科学博物館で暮らしているかのような毎日です。
自分含めてあれもこれも、珍種のようなもので(苦笑

ティラノサウルス
ヴェーセン、ここでライブしたんだなぁ・・
 ⇒ 「恐竜と聴く北欧の調べ 夜の科学博物館で弦楽ライブ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。