--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05/28
*Tue*

当事者です、自分も。

栗饅頭と鍋焼きうどんとあんみつは江戸の時代劇に出てきてはいけないそう。
当時まだなかったから。
栗饅頭は日清戦争のあと、鍋焼きうどんは明治10年に大阪から東京へ、そして
あんみつは明治36年に浅草の和菓子屋さんで生まれたのだそうです。
へぇ・・

先週土曜日、苦手な幕末を勉強しに明治大学へ行ってきました。
リバティアカデミーのオープン講座「幕末・明治の人間模様と時代考証」、講演の
テーマは「幕末・明治の会津と薩長」と「大河ドラマ『八重の桜』と時代考証」で。
・・そう、その『八重の桜』を観ていて関心を持ったから(苦笑

日本はフランス式を取り入れたから兵隊は右に銃を担ぐけれど、火縄銃は火を
点けっぱなしにして歩くため火が体の外側に向くよう左側に銃を担ぐ。
セイタカアワダチソウ、ヒルジョオン、ヒメジョオンは戦後入ってきた植物だから
時代劇の画面に映ってはいけない。
「回れ右」は幕末からあった。
織田信長の部屋に望遠鏡をおいてはいけない、地球儀はあってよいけれど
そこにオーストラリアが記されていてはいけない。

「面子(メンツ)」という言葉は支那事変後に入ってきたので、もし時代劇で
使うなら「面目」か「対面」で。
「がめつい」は昭和34年から、「牛耳をとる」を縮めた「牛耳る」は明治末~
大正頃に学生が使い始めたため、時代劇ではNG。
「賛成・反対」は「承知・不承知」。
「目からウロコが落ちる」は聖書の言葉のため、時代劇ではこれまたNG。

って、時代劇の各「ならぬものはならぬ」なわけですが。
時代考証はもう時代劇だけのお話ではないそうです。
明治から戦前、昭和30年代もすでに対象となっていると。

右に担ぐ銃も一斉に掛け声で左に掛け替えることがあった、という軍体経験
のある方のお話。
千人針は女性だけがするもの、自分から声をかけるのではなく、道路の隅に
立っていると見かけた人が自分から寄ってきて協力してくれた、というお話。
書籍だけではわからない、それを見て来た当事者の声、その場の事情。
間違いではない、その場面。

だから、そう、
10年後、20年後、30年後に、目の前の今を伝えるのは今在る私たち。
家族や先輩諸氏の体験に、学んだことや日々のあれこれ。
見て聞いて、記憶を繋げて。
当事者です、自分もこれからの。
責任重大だ。

メモはほとんど時代考証のお話になっちゃってますけど
会津と薩長のお話も事情いきさつがまた少しわかって、もうちょっと知りたく
なりました。
先月訪れた京都の蛤御門、公家の通用口で普段開かずの門だったのですって。
それが3日にわたって炎上したと。
会津が敗れた後、会津の人たちが移住させられた青森の北地には、今核燃料
再処理工場(六ヶ所村)があって。
・・・あぁ、胸痛。

NHKドラマで時代考証担当の先生曰く
「大河ドラマは決して“正しい歴史”ではない。あくまで歴史に仮託した
ファンタジーです。」ですって、時代考証という枠の中で造られた。
自分のものごとが始まるきっかけ、と。
そのきっかけいただいてる若干一名、ここに(笑

なにはともあれ、
2週続けて見そびれた八重の桜、オンデマンドで見なくっちゃ。。

ぜーんぜん話は関係ないですが
先週ずっと今もまだ体の中でヴェーセンが響いてます、ぐるぐる。
代官山良かったなぁ。
明日の活力にもうひとつ^^



※【5/29追記】
昨夜よほど寝ぼけてたのかコピペミスや誤字だらけでした、お恥ずかしい><
ただ今修正致しました。
読みづらくって、すみませんっ。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。