--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04/18
*Thu*

寄り道旅話

category : 旅・遠足 | 日記 | 日記
吉野からの帰り道、2時間ほど時間を持てましたから。
途中下車して、飛鳥に寄っちゃった。

飛鳥

橿原(かしはら)神宮前駅から、甘樫丘と山田寺跡と飛鳥資料館。
いや~、良かった!!
(M子さん!!!)

山田寺址

先週末の2大潤目感無量、
30年振りに公開、奈良博當麻(たいま)寺展の国宝綴織當麻曼荼羅(つづれおり
たいままんだら)と、飛鳥資料館の山田寺東回廊。

大きな大きな曼荼羅は、仏様の姿さえ目を凝らさないとわからないほどでしたけど。
継母に疎まれ14歳で殺害されそうになった中将姫(藤原鎌足の孫の子)が、出家して
のち26歳のとき、仏のお告げを受け蓮糸で一夜にして織りあげたという。
真偽はともあれ、
4m四方もあろうかというそれは大きな曼荼羅を作り上げたそこまでの思いと、
1000年以上ご本尊として手を合わせて来た人たちがいるという事実。
中将姫は29歳で入滅(解脱)、菩薩に迎えられ極楽浄土へ向かったそうですが。

20代女子、姫の心の中たるや・・
當麻寺さんから中将姫の像も、奈良博にお出ましになっています。

一方山田寺。
645年、大化の改新時に中大兄皇子(天智天皇)に協力したにも関わらず、のちに
謀反の疑いを掛けられ自害した蘇我倉山田石川麻呂発願のお寺。
石川麻呂は、中大兄皇子の義理の父。
亡くなったあと没収された財産にはすべて、「中大兄皇子のもの」と書かれていたとか。

山田寺東回廊

目の前に、千数百年地中で眠っていた東回廊。
じーん(胸熱

確かにそこに、いた誰か。
自分と同じ足元の地に、どれだけの人生があったことか。

緑の雷丘(いかずちのおか)を横目に見ながら。
「つづき」をいつにしようかと思ったのでした。
(まだまだ回り切れておりませぬ~)

あぁ、京都の話を聞いてもらおうと思ったのに。
ここまでで長くなってしまった

今回土日で、
1日目:【京都】下鴨神社→上賀茂神社→晴明神社→護王神社→(京都御所)
     →六道珍皇寺→六波羅密寺→【奈良】奈良博→興福寺
2日目:【奈良】吉野→飛鳥
と、異界巡りのような濃~い2日間。

興福寺靴袋

興福寺さんの南円堂・北円堂特別拝観でいただいた靴袋がかわいいでしょ!

心弁当

帰りの新幹線内では興福寺さん監修の「心」弁当。

あすかルビー

あすかルビーも食べました。

六波羅密寺は平家の邸宅があった辺りですが。
明後日、縁あって鬼怒川温泉のもう少し先、平家の里に行ってきます。
京旅話、また今度おつきあい下さい!

COMMENT

飛鳥資料館行ったのね!
山田寺の東回廊、すごかったよね。

1300年以上前の建築物をガラスケース越しでなく直で見られるっていうのもすごいし、写真を自由に撮らせてもらえるっていうのもうれしかったな。
あと古墳の説明とかすごく丁寧で解りやすかったって印象でした。

今回も濃密な旅だったようで何より!
ブログ楽しみにしてます♪
by M子 #DN4Ip1ro
2013/04/21(日) 21:50 [Edit
M子どの

ありがとう、ほんと飛鳥資料館すごくいい。ツボでした。
以前時間切れで山田寺跡も両方行けなかったから、
M子さんのブログ見て行かなくちゃ!って(笑
お蔭さまです、大感謝m(_ _)m
またゆっくりぜひ行きたい。

京都の護王神社もよかったよ。
ご祭神は称徳天皇のとき宇佐八幡のご神託を確認しに行った和気清麻呂。
狛犬も手水舎もお守りもイノシシ。
そして、
今日は極寒の日光で田道間守と吉野の水の神さまに会えました。
また満腹。

M子さんも、いい奈良旅だったね。
ブログ良かった!
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2013/04/21(日) 23:53 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。