--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04/17
*Wed*

3/14(日)の吉野山報告

category : 旅・遠足
行ってきました、初の桜の吉野山。
すっかり見頃は外しちゃいましたけど

朝7時過ぎ頃吉野駅着。
ケーブルとケーブルバスを使って一気に奥千本入口へ。
金峯(きんぷ)神社にお参りして、目指すは奥千本、西行庵。

奥千本Ⅰ

こんな道を通って

奥千本Ⅱ

西行庵前。
千本どころか、、それが意外にこじんまり。
復元西行庵周りには

西行庵

・・色気なし

平安から鎌倉時代にかけて。
23歳で出家した元武士の西行さんが、後に3年ほど静かに暮らしていたところ。
出家の動機は親しい友の死とか、失恋とか、なんとかかんとか。
どちらにしても、
人里離れた気持ちはわからないでもない。
かつては芭蕉もこちらを訪れたそう。

義経隠塔

せっかくなので久々、金峯神社横を入って義経の隠れ塔。

山桜

山桜は、赤い葉っぱがかわいい。
吉野の桜は、1300年前役行者が蔵王権現を刻んだ御神木。
その後信者の人たちによって献木として植え続けられた、祈りの桜。

その桜が思ったほど見えず。
高城山展望台でやっと、間近に。

奥千本Ⅲ

それでも、
次の吉野水分(みくまり)神社に着く頃にはもーう、繋がる人混み。
来年こそは!の当初の意気もこの辺りですっかり萎えました(汗

吉野水分神社

過去何年かの桜の開花のカレンダーを見て無難そうな日にちを選んだのですが。
今年は例年になく、みたい。
眺めが見事、なはずの花矢倉展望台からピンクのお山はもう見られず。

花矢倉展望台から

一目千本!と言われる吉水神社境内からも。

一目千本  上千本

ピンクではないけれど、色合いはキレイ。
いつもより葉の赤味が濃いそうです。
義経・弁慶・静御前が、後醍醐天皇が、秀吉が、腰を下ろした吉水神社。
ちゃーんと、潜居の間や玉座が残されてます。
吉水神社も先の吉野水分神社も、世界遺産。

「よき人の 良しとよく見て よしと言ひし 吉野よく見よ 良き人よく見つ」
ラッキーなことに!
金峯山(きんぷせん)寺蔵王堂前で行われていた「守ろう!吉野の桜」トークイベントで、
奈良大上野先生のお話を聞くことができました。
「かつてよい人が、よしとよく見て、よしと言ったこの吉野を、今の人もよく見なさいよ」
(歴史街道HPより)
・・天武天皇からメッセージ来た(嬉

くまぶしくん

あ、金峯山寺で噂(!?)のくまぶしくんに会えましたょ。

以前聞いたオススメ通り、一気に奥千本まで行って下って来るのが大正解。
体力温存でゆっくりと、周りを堪能しながら歩けました。

葛もち

葛もちいただいたり!

朝7時過ぎから13時半ごろまで、山を下るに従って人が増え、バスやケーブルには
長ーい行列。
一本道は人の波。
行くならぜひ、朝一番で。

しかし今回不完全燃焼。
来年!?
んー、、、
昨年3月、小雨の中歩いた吉野山(2012/3/24日記)は良かったなぁ。。

この前日立ち寄った京都上賀茂神社の桜。

上賀茂神社桜Ⅱ  上賀茂神社桜Ⅰ

華やかです。
今回はね、京都&奈良博&吉野旅でした。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。