--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
03/19
*Tue*

日曜日はファイナルパーティー

一昨日はセント・パトリックスデ-で。
表参道は緑色、恒例パレードの日でしたけど、、、
東大の会場で行われた清盛ファイナルパーティーに行っちゃった。

清盛ファイナルパーティー

志も過ちも笑いも一生懸命も傲慢も、欲も希望も実直も愚かさも。
あの時代を生きた人たちに思いを馳せることができて、ほんとうに良かった。
どれだけ悔いたであろう、最期、積もる「あの時」を思って。
もすうぐ。
3月24日は、壇ノ浦で平家が敗れた日。

昨年大河ドラマ平清盛を観たお蔭で。
その後目にした小泉八雲の「耳なし方一」のお話の、安徳天皇を思う亡者の
心が切なく哀しく生々しく。
知って、命が灯ったようで。

最近、NHKのオンデマンドで歴史番組やドキュメンタリーなど検索して
自称「視聴覚学習」のささやかな時間が楽しみなのですが。
清盛熱、再び。
手が空いた細切れの時間を繋いでは、一話から再視聴。
まだまだこれからなんですけど。
舞う砂埃はコーンスターチだったということ、忘れずに。
帰宅後毎日時代劇を観るという某女子の気持ち、やっとわかりました(笑

ここで大きな独り言。
「壬申の乱も、ドラマ化してくれたらいいのにな。」

視聴覚学習と言えば、、
先日東京自由大学で観せていただいた川本喜八郎さんの人形アニメーション、
折口信夫原作の「死者の書」

これが良かった。
執着と解脱の物語。
人形ヂカラって、凄いですね。
あまりにハマりすぎて、土曜日正倉院の解体工事現場見学の日、物語の舞台
となる二上山&當麻(たいま)寺にさっそく足を運んできました。
原作の文庫本を持って。

死者の書(DVD)

昨年の清盛と、今月観た死者の書と。
心動いて踊って引っ張られた、きっかけふたつ。
会場でありがとうの拍手をしたくて。
それもまた、前日の奈良旅を日帰りにした理由のひとつ(苦笑

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。