--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
11/26
*Mon*

古代ひしお(醤)体験

菜良美良御膳

白米の上、真ん中にあるのが古代ひしお。(左は奈良漬)
右上鳥の焼物の上には古代ひしおにお酢とお砂糖を少し混ぜたものだとか。
醤油のルーツとも言われる穀醤(こくびしお)というものを、古代の
製法(6世紀の書物)で復元したものだそうです(拍手
このたび『古くて新しい「醤(ひしお)」の四方山話』の講座にて、
お弁当で初体験初試食してきました。
・・嬉し。

奈良時代は日本人がおいしく食べる工夫をスタートした時代、
だそうですが。
その奈良の都、平城京で食されていて、お給料として支給されても
いたそうです。
醤をつかさどる醤院(ひしおつかさ)なんて設置されてたのですって。

原料は主に大豆で。
大豆はお米にひとつだけ足りないアミノ酸を補えるのだと。
古代より日本人の健康を支えた米+大豆の組み合わせ。
お米はひと粒から8粒収穫できるけれど、麦は1粒から3粒の収穫だそう。
お米文化をとったから麹菌が生まれた、麦でなくお米を、
穀醤の主原料に小豆でなく大豆を、昔の人はよくぞ選んでくれました、、
と先生。

稲穂は天照太御神が天から下ろしたと神話にあるけれど。
ほんと、今更ながらに見事で、感心。

醤と酢を混ぜたものに野蒜をつぶして、鯛につけて食べたいんだよ・・
って、万葉の歌を教わりながら。
その時これが食べたかったんだね、なんて。
まるで昨日のことのようで。
『なら食』研究会横井先生のお話、とても面白かったですよ!
『なら食』研究会へようこそ

一瓶(90g)1,500円
一度、思い切ってみようかな・・(考え中

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。