--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07/07
*Sat*

名がある人もない人も

あっと言う間に。
怒涛の一週間終了、ふぅ。

先週日曜日、金沢文庫に行ってきました。
鎌倉時代に奈良で活躍した僧侶、貞慶(じょうけい)さんのお話を聞きに。
御遠忌800年記念特別展 解脱上人 貞慶 -鎌倉仏教の本流-」展で、
奈良国立博物館 西山先生の講演。

大河ドラマ「平清盛」観てますか?
貞慶さんって、
同日夜の放送、平治の乱で追われ自害した信西(しんぜい)さんのお孫さん。
乱の当時5歳ですって。

それは以前法然さんのお話を聞いたときと同じ、「コノ世ノカハリノ継目」で。
武士の台頭・内乱・相継ぐ災害と、激動の時代。
8歳で興福寺に入った貞慶さんは39歳で興福寺を出る。
「ほんとうにやりたいことがやれない」って。

どうしようもない時代に。
小さな力をたくさん集めて、すべての神様仏様を大切にして。
人を支え国を支えられる本当の仏教を再生し、この世界を変えようと。
由緒あるお寺を復興して。
さまざまな人たちのさまざまな思いに応えられる仏教は時代を越えられる
はず、と。

称名寺
金沢文庫隣り、称名寺

ちょうど同じその日に。
河直美監督のTED×Tokyoスピーチで「名前があるあなたと繋がりたい」
って、想いの言葉を聞きました。
過去を振り返れば、そこに居た人を知れば。
いつでもいつかの誰かにその想いに繋がれる、繋がってる。
過ぎた日を学びながら自分も、そう思う。

名がある(残る)人もない(知られない)人も。
有名な法然さんとも、知らなかったけど、その法然さんを批判したという
貞慶さんとも。
それから、
そこにあったであろう事情と誤解のいきさつにも。
昔も今も「コノ世ノカハリノ継目」に、一生懸命だった人たちに。

文章が上手で、お話が上手で。
声が小さかったという貞慶さん。
きっと喜んでくれてるって、先に開催された奈良博貞慶展のポスターの
デザインについてお話聞いて。
(画像がなくて残念!)
ますます、奈良博大好き。
千年経っても数百年経っても、誰かに喜んでもらえることがある、できる。
知ってる人にも知らない人にも。
今も昔も未来の人にも。

・・全然関係ないですが
少し前、大好きMさんに教えていただいた(ありがとうございました!!)
こちら↓ウェールズの子守唄だそうです。
繰り返し繰り返し、先月クタヨレ心身に沁み渡り。
気持ちよいのでみなさんと、わかちあい^^


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。