--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05/29
*Tue*

お話のあと

今は災後でなくて災間。
津波に流されて、埋め立てられた潟や浦が海に(江戸時代に)
還った。

って一昨日、
東大寺がひとつも出てこなかった東大寺文化講演会(苦笑)、
「震災と宗教」のお話の中で。

明治の初め、おおよそ3,000万だった人口が今や1憶2,800万。
それがこれから100年後、また3,000万くらいになるであろうと。

高台にあった古い神社は生き残り、海辺の新しい神社は流されて。

渚や浜辺は、生と死、人と自然を分かつ境界領域。
供養塔にある「生きとし生けるものすべての命の供養のために、
この踊りを奉納する」
宮沢賢治「原体剣舞蓮」の「打つも果てるもひとつの命」

うまく言葉が出ないのですが。
自然も人も、見えない世界も。
無理は負担を生じて、歪みやひずみはいずれ正されて。
人目線と宇宙目線で違う「よかれ」と時間。

もひとつのテーマ「世界の中の日本仏教と神道」では「日本文化を
どう発信するか」の言葉でお話が始まって。
だからこそ、知りたい知らなくちゃ。
の思い。

何年か前に某所から「日本に聖なるものの大切さを広めるために」
なんてトンチンカンなメールをいただきましたけど。
そんな恥かしい勘違いに、何れそのうち気づいてもらえるように。

思い当たるあれこれと言葉にならないいろいろを。
消化しつつの昨日今日、です。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。