--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04/21
*Sat*

戦国時代のハラノムシ

category : 読書 | 日記 | 日記
虫は苦手なんですょ。
苦手なんですけど、、
昨夏出会った百鬼夜行絵巻に続いてハマってしまった。
戦国時代のハラノムシ―『針聞書(はりききがき)』のゆかいな病魔たち

戦国時代のハラノムシ

昼寝の虫やら気絶の虫やら、欠伸(あくび)の虫やら腰抜の虫、
悩みの虫に笠をかぶった脾臓の笠虫って、、
ひとりで笑うにはもったいない!
と思いきや、
九州国立博物館でフィギュアやぬいぐるみ他「針聞書シリーズ」なるものが
売られてました(笑
虫一覧、その滑稽な姿形をこちらぜひ!!
九博収蔵品ギャラリー『針聞書』虫をもっと見る

ちなみに欠伸の虫、「虫が心臓に侵入すると、とりつかれた人は
大あくびをする。そして、心臓の血流が乱されると睡魔に襲われる。」
のだとか。
治療法も出てるのですけど、戦国時代のみなさん、素敵すぎ!

それもこれも、

レントゲンや顕微鏡のなかった時代、病気を虫の形であらわすということは、そうすることでその正体を明らかにし、患者が安心して病気と向き合うための治療法のひとつでもあったのです。

「戦国時代のハラノムシ 『針聞書(はりききがき)』のゆかいな病魔たち」より

って、ますます感心。

それにしてもこのところ。
勉強しなくちゃなんですけど、気があちこち向いてばかり、、
なんて思って見てたのですが、
残念ながらそんなハラノムシさん、載っていませんで。 

さて、
まだ続きを読んでみないと。(実は途中
そんなこんなやあれやこれや、
お蔭さまで何と言うわけでもないですが、毎日楽しくて仕方ない。
・・あ、これやっぱり笑い虫、か(苦笑

この愉快な本、
鏡リュウジ(@Kagami_Ryuji)さんのツイートで教えていただきました。
いや~、出会えてほんと嬉しい。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。