--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04/08
*Sun*

歩けば歩くほど

どうやら
自分はキツくて冷たいらしい。
ま、一理ある(笑

蔵王権現

こちら↑奈良吉野の金峯山寺(きんぷせんじ)の蔵王権現のお顔。
1300年前、役行者(えんのぎょうじゃ)が感得した修験道のご本尊。
6/7(木)まで御開帳だそうで。
(、、、行きたーいっ!!)
JRのキャンペーン、始まりました ⇒ 「金峯山寺篇」CM

この珍しい青黒色、内なる仏の大慈悲の色だそうです。
3体並んで、未来・過去・現在。
上から怒りつけて睨みつけて、守護をする。
三世を救済する仏さま。
怒りの奥にある慈悲、互いを認め許す「恕(じょ)」の心。

今日はまほろば館で金峯山寺の法話会だったのですが。
日本橋までいらしてるのは↓こちらの金剛蔵王権現。

金剛蔵王権現

盤石踏む左足は地下の悪魔を抑え国土の流動押さえ、右足は
天地間の悪魔を払う形相、背後の火炎は智慧を表す、と。
・・好きだなぁ。

先月、桜にはまだ早い雨の吉野を歩いてきましたけれど。
山の上方から見下ろした時の霧がなんとなくピンク色で。
つぼみの色か葉の色か。
今に至る蔵王権現にお供えされた祈りの桜、ご神木3万本だそう
ですから!
金峯山寺五條氏曰く
「よその桜と違います。」

共にあるものを共に拝む。
先祖思いながら神思いながら。
大自然が道場。
自分で修行し、自分で得る。
神様も仏様も大切、自分の存在超えたものを大事にする気持ち。
忘れてるものを思い出す。

「歩けば歩くほど、心の底から湧いてくる。」

・・そんな修験の祖、在家の修行者役小角(えんのおづぬ)さん
(役行者)が気になりまして。
ここのところ続けて本を読んでいるのですが。
今読んでるところで、吉野と海人族の繋がりがあるなんて説が出て
きたりして、、、ドッキリ。

そしてまた。
日々時を体験を重ねれば重ねるほど、日常をこなせばこなすほど、
気がつけば見えること浮かぶこと増えていて。
昔諸先輩方が口にしていたことがやっと、身に沁みる腑に落ちる
今日この頃。
(単に、年をとったとも言いますが

歩けば歩くほど。
って。
ちょうど最近、そんな感じです。
あれもこれも歩きのうち、みたいな。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。