--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
01/28
*Sat*

どれだけ宝を見つけるか

日水金と。
巡る奈良公園芸術セミナー「やまとの地宝-遺物が語る奈良の歴史-
奈良学ナイトレッスン「日本神話の女性たち」第1夜「恋する妹と見守る姉
-イザナミとアマテラス」
古都に学ぶ~じぶん流 奈良の楽しみ方~「阿修羅と戒壇堂四天王~
天平仏のスターをめぐって~」&「奈良の魅力と楽しみ方」
のお話を聞いてきました。
奈良、古事記、奈良。
そして明日は、また古事記(苦笑

旧暦だと2月下旬になるそうですが、一応本日で古事記1300歳だそうで。
(安万侶さん、阿礼さん!)

昨年暮れ、中国の博物館で初の「日本考古展」が行われたそうです。
古代中国から海を渡ってきたものにとっては、里帰り展示。
その中で。
4000年の歴史というけれど、中国では遺っていないのにこの日本で
遺ってる、例えば皮のポシェット
なんて、聞いて思わず嬉しくなる。

どんな遺物にも、作った人や手にした人や時に遺そうとした人が
いるのだから。
どんな思いでどんな状況で、そう思いながら。
知れば知っただけ、会う(会える)のが楽しみになる。

仏像のことも未だよく知らず。
四天王って、害を与える人に罰を与える役割なんですね。
下位の仏様ほど衣装も飾りも華やかで、人の世に近くなる。
昨夜は仏像大好きモデルのはなさんが「綺麗かっこいいお洒落」って
お薦めなど紹介して下さったのですが。
楽しみ方は、人の数ほど。

作られ守られ大事にされてきた、その時間と願いと続く祈りを。
仏像に限らず、そこにある先人の知恵と思いを。
あまりにも豊かなその精神世界を。
ひとつずつ知るたび教わるたび、宝を得た気持ちになる。
お先にごめん、みたいな(笑

足元に目を向けるのが遅かったから。
これからどれだけ宝と出会えるか、そこに在る心に想いに気づけるかなって。
学びながら、そんなこと思ってます。
そうとう来たかった(生まれたかった)であろう、今のこの地で。
繋げたいし繋がって欲しいし、まずは自分が知るとこから。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。