--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
11/27
*Sun*

コノ世ノカハリノ継目

この3月から4月にかけて、
心を開く
やさしくなる
みんなの幸せを祈る
しばし、大方みんなそうなった。
津波の震災の場面を繰り返し繰り返し見て、実際揺れの中に居て。
今ではもう風化しつつあるけれど。

同じように、
京都の大火、南都焼討ち、飢饉、大地震、平家滅亡。
数年のうちに大勢の人が亡くなったその昔、平安の終わりから
鎌倉の始め。
当時の「愚管抄」という書物に書かれている「コノ世ノカハリノ継目」。
その惨状を目にした法然上人。

って昨日、ただ今特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」が行われている
東京国立博物館の講演会「法然上人に近づく」で奈良国立博物館の
西山先生。

学んで学んで探して探して。
「コノ世ノカハリノ継目」を目の当たりにした後、法然上人は
「極楽浄土に往生するには念仏しかない」と唱える。
「・・一切衆生をして平等に往生せしむがために、」

その人に近づくには、
自分だったらどうするか
どう思うか
どう行動するか。

法然さんも親鸞さんもほとんど知らないのですけど、
「コノ世ノカハリノ継目」を目にした思いはいかほどか。
お話の途中映された津波の画像にこみ上げて、
去年より少しはわかる今の自分。
あの時それは確実に、自分の意識の変わりの継目で。

そして、
法然上人は中国の善道さんという人の伝えることを信じた。
自分より520年先に生まれた人の、書を読んで。
人間は時を越えられる、と。

「コノ世ノカハリノ継目」の言葉が、目に耳に残ったもので。
ここで、みなさんとわかちあい。

COMMENT

近づく。
素敵な感想をありがとうございました。 西山 厚
by 西山 厚 #-
2011/12/15(木) 02:16 [Edit
西山先生!!!
・・・ホントに!?

先生、いつもそこにある心を教えて下さってありがとうございます。
先生のお話をうかがうようになってから、先人のみなさんが
愛おしくて仕方ないです。
みんな、今でも生きてますね。
昔々の人たちに、泣かされたりチカラをいただいたり。
今回の震災時も。
小さな声を見つけて下さって、ありがとうございました。

・・って、メッセージがまた届くといいな。
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2011/12/15(木) 21:13 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。