--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
09/29
*Thu*

一昨日の帰り道

車谷は、粉を挽くための水車があった場所。
山の辺の道はいつも水の音がしていて。
それは、人麻呂の詠んだ水の音。
歩きながら耳にしながら。
その水の流れで水車が回ってたんだなぁ・・

って、そうめんのルーツかりんとうの先祖麦縄菓子のお話で
始まった一昨夜の奈良学ナイトレッスン第2期。
今期は奈良大上野先生、「『万葉集』に恋する」がテーマなのですが。

もーうその日、運命の出会い(笑
いつもと違う帰り道、どこに行くのと問われ「万葉集のお話を聞きに」
と答えたら、、、
下りのエスカレーター頭ひとつ飛び越して後ろにいた同僚Mさんが
「私万葉の研究してた」って。
「お~!!」
間に居るNさん挟んでふたりで歓声。
お互い、身近で万葉好きに初めて出会ったのでした(嬉々

なので、講座で先生にいただいた麦縄菓子ひとつ、翌日Mさんへの
お土産に。
くれぐれも歯に気をつけてと念を押し。
・・とにかく、固いのです
それでも麦縄菓子初体験のMさん、どうやらお気に召していただけた
ようで。
良かった~、ニンマリ。

先日琵琶法師の先生が「心に残る風景を」とおっしゃってましたが。
まだ見ぬ友を、いつかの風景を。
麦縄菓子ひとつで、水の音ひとつで浮かび広がる世界。
ひょんなことから見えた、身近な人の知らなかった一面。
うーん。
じんわり嬉しいここ数日。

あ、上野先生のお話。
舌好調に大爆笑でした。
聞きながら、妄想奈良旅!

そして来月、ちょっと忙しくなります。
いつものあれやこれや(苦笑

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。