--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
02/18
*Fri*

昨夜のセミナーから

余談ですが、、

お見通し
少し前にいただいたこちら

品名
品名「お見通し」、、降参(苦笑

はてさて。
一昨夜のNHK歴史秘話ヒストリア、万葉集がテーマで面白かった
のですけど。
昨夜の「古都に学ぶ ~じぶん流 奈良の楽しみ方~」セミナー、
こちらももーう面白かったです。

万葉人はラテン系。(←!?)
想い溢れてしまう時、歌を歌う。
って、
奈良大学の上野先生がゲスト長谷川理恵さんと司会キャスターの
住友真世さんが選んだ恋の歌を解説しながら講演、「万葉に学ぶ
奈良 万葉に学ぶ恋」。
そしてそのあと、みなさんで「奈良の魅力と楽しみ方」トークセッション。

天皇に差しかけられる大きな笠に例えられた御蓋山。
昔神様は森に祀られたのだから、森とつくと神域・聖なる場所。
季節のうつろいに重ね合わせた恋。
袖は感情表現。

「選んだ歌でその人がわかる。」
「ものすごーく考えた解釈が、直感に負けることはよくあるんです。」
長谷川さんの美しさよりも、上野先生の舌好調の方にすっかり
見入ってしまった(笑

そして、上野先生より役に立たないという情報3件伝授。
その① 柿の葉寿司は駅で売ってるのと直売本店では塩分濃度が違う。
その② 秋の奈良は、夕方懐中電灯を持って奈良公園へ。万葉集にある
     妻を恋う鹿の鳴き声を、ぜひ聞きに。
その③ 現地の人と仲良く。お寺でお坊さんと仲良しになると、お昼に
     うどんをご馳走になれるかも。
・・会場、大爆笑。

なにはともあれ。
結び目に魂結び、石に風に命を観、大事な人を故郷を想う。
時に言葉遊び、時に独り言。
象徴あれこれ読み解く昔習った異国のカードよりもずっとずっと、
キュンとなるわけです。
心の辞書のような万葉集に。

ちょうど先日読んだ長谷川櫂さん著「和の思想―異質のものを共存
させる力
」に出てきた『古今和歌集』の序の言葉ですが。

やまとうたは、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける。世の中にある人、ことわざ繋きものなれば、心に思ふことを、見るもの聞くものにつけて、言ひ出せるなり。花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女の中をも和らげ、猛き武士の心をも慰むるは歌なり。


対立するものをも和ませる。
これが和の歌、はたらき、和のチカラ。

また図書館でいっぱい借りてきちゃいましたょ、万葉集解説本。
ただ今本だらけ

和の思想―異質のものを共存させる力

COMMENT

どらやき食べたい…違うか・・・^^;
またまた素敵な奈良情報、
楽しく読ませていただきました~♪

私もたまちゃんおすすめの本でいっぱいです!
by ひろ #-
2011/02/19(土) 01:57 [Edit
ひろさん

私も食べたーい。
次回、直系16センチの名物みかさ焼き(笑

おすすめ!?おすすめ?おすすめぇ、、、
渋くてごめんねe-330
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2011/02/19(土) 15:00 [Edit
万葉人は、ラテン系、なるほど。。

上野先生の情報も。いつか奈良行った時、
生かせる情報ですね(^_-)-☆

先日、二人で行く奈良をやっと買いました。
他の本の情報ですが、
岡井麻布商会さん、雑貨可愛かったですよ。
検索してみて♪

by kaori #-
2011/02/21(月) 22:41 [Edit
kaoriさん

生かせる情報というか、、
上野先生のお話今回2回目なんですけど、面白いんですよ~。

ありがとう、岡井麻布商店さん!?さっそく。
・・なんか商品どこかで見たことあるような。
あ、作家の田口ランディさんが昨日のブログで中川さんとこの
花ふきん愛用してるそう。
勝手にニンマリ。
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2011/02/22(火) 00:03 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。