--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
10/17
*Sun*

神在祭と龍蛇さまと昔みた夢と

昨日東海大学で行われた鳥取県・島根県連携講座「山陰の神々」に
行ってきました。
お二人の先生のテーマは「海流が運んだ神々」と「出雲の神在月
~奉仕する者の立場から~」

出雲は未だ未体験なもので、どうせなら神様が集まっていらっしゃる
神在月に行ってみたいって思っていたのですが。
出雲の神在祭は鳴り物、歌舞音曲は一切無し。
「お忌みさん」と呼ばれるその期間、仮宮に滞在中の神様の邪魔を
しないよう静かに過ごし、期日が来たらお帰りいただくのだそう。
(その際、残ってしまって帰らない神様は悪さをするのですって。)
そう聞いたら、逆にその期間を避けて足を運ばねば、なんて思って
しまった。
神様の邪魔をしたくないですから。

その神在祭で神々の先導役となるのが「龍蛇さま」と呼ばれる海蛇だそう。
映像でガラスケースに入れられたその姿を見て思い出しましたょ、
子供の頃何度も見た夢。

それは祖父母の島(と思っていた)のいつもの通り道で。
角のお店のガラスケースに蛇がいたのですが、そのケースから出てきた
蛇に追いかけられて海の上を走って逃げる逃げる。
そこで終わる時もあれば、時に残った家族が心配で島に戻る時もあり。

実際に島に蛇のお店があったかどうかは記憶にないのですけど。
夢かうつつか、過去か血の記憶か。
どちらにしても、自分の体の中の半分は海人系ですから。

愛知県(出身です)渥美半島の渥美は九州の海人族阿曇氏と関係が
あるとか。
昨日もたまたま海人族絡んだ神様のお話で。
先月上高地で参拝した穂高神社奥宮で祀られていたのが海神で、
そこで九州の海人族阿曇(安曇)氏が定着した安曇野云々の説明を
見てから、続いてやって来てます海人族がらみのお話。
先日も、別件検索中にそのこと書かれたサイトがヒットして。
今まで気づいてなかっただけでしょうが。

奈良で木簡との遭遇と言い、ひょんなところでここのところルーツを
感じる場面に遭遇してます。
面白いものですね。

さぁて、今から「土と平和の祭典」に行ってきます!

COMMENT

たまよりさん、海人系でしたかぁ。
私も出雲は、行くなら神様達が集まる神在月って
思ってたけど、そのお話だと、逆にその期間は
避けた方がよさそうだねv-21
by Camie #-
2010/10/17(日) 16:43 [Edit
Camieどの

うん、実際は母方姓なので直系ではないけどね。
なのに、なぜか関わる情報が入る入る(汗

出雲、神在月に行っても大丈夫だよ。
行くなら静かにね(笑
祭りの映像と万九千神社の禰宜さんのお話で自分は
そう思っただけだからe-284
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2010/10/17(日) 20:42 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。