--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
09/30
*Thu*

奈良に行ってきました(その3)その続きはまた今度

category : 旅・遠足 | 日記 | 日記
奈良話、もうちょっとだけ(苦笑

そのほか、
自転車でね、明日香村をぐるりとしてきました。
まだ見ぬ友たち(リンボウ先生曰く)に会いに。
朝、神武天皇を祀った橿原神宮を参拝して神武天皇陵に挨拶して、
飛鳥駅に着いたのが11時。
(神武天皇のお母さん、玉依毘売ですから!)
それから17時まで6時間。
なのに、、周りきれませんでした~><
あと少しだったのですけど、残念。
レンタル自転車屋さんに「来るのが遅かったからね」と言われてしまった。
甘樫丘なんて登って眺めまわしてすぐ戻り。
やっぱり次回に続くなぁ・・

いただいた地図通り、いちばん初めに見た猿石となり。
推古天皇の父で聖徳太子の祖父、欽明天皇陵で。

欽明天皇陵

↑もーう、この場面に静かに感動。
思わず写真撮っていいですか?って聞いちゃいました。
橿原神宮もほんとうに砂利が美しく線ひかれて感心したのですが、
こちらはまた規模も違うひっそりとした1,400年以上前の陵、平日朝の
寡黙な作業。
いいなぁ、その心。

石舞台

石舞台も蘇我入鹿首塚も、花が手向けられてました。
もちろん自分も、合掌。

鹿
 
ここまで、まだ鹿にお目にかかって無かったのですよ。
これじゃまずい、って。
最終日はお決まりの春日大社に東大寺。
途中奈良国立博物館のミュージアムショップで正倉院模様小物を
探すのも忘れずに。

聖武天皇の字
↑聖武天皇の字です。

二月堂、良かったです!!
恥ずかしながら、東大寺も歩きながら涙目で。
「すべての動物、すべての植物が共に栄える世の中を作りたい。
1本の草を持ってきた人にも、土を握ってやってきた人にも
手伝ってもらおう。」(聖武天皇)
「尺付寸鉄といえども 一木半銭といえども」(平安末期:重源さん)
「一針一草の喜捨(寄付の意味)」(江戸前期:公慶さん)
って、想い巡り過ぎ

横目で眺めながら歩いた若草山に次回はぜひ登りたいし、土日祝休みの
確認不足で残念だった正倉院もぜひ再度。
逆に駅近興福寺はその日20時30分まで拝観できて、助かりました。
もうすっかり、拝観料貧乏ですけど

大阪のHさん夫妻にお世話になりながら(ありがとうございました!!)
4日も居たのに、まだまだ時間が足りなくって。
ほとんど洗脳というほど聖武天皇のお話を聞いてたクセに、うっかりしてた
聖武天皇陵も、近くまで行ってたのに通り過ぎてた稲渕の棚田も、
時間に追われて外した高松塚古墳も。
高鴨神社に牽牛子塚古墳に吉野の宮滝、どこもかしこも。

藤ノ木古墳
藤ノ木古墳

そうそう、せっかく平城宮跡でゆっくりしたのに、遣唐使船が朱雀門の外に
あることに気づいたのが帰りのシャトルバスに乗ってから><
あーあ。。

そんなこんなで、早くも頭の中は次回構想です。
来年用に奈良旅手帳も予約したし!
お楽しみは次回につづくということで。
・・ですよね。

橘寺近くの万葉歌碑
橘寺近くにあった万葉歌碑の解説。万葉文化館も行きましたよ!駆け足でしたけど(汗

COMMENT

奈良旅、いいですね~~♪

昨夜、テレビで唐招提寺、
千手観音修復作業をやってて、
夜中まで見入ってしまいました。。

日本釘と言う昔の釘が使われていました。
千手観音の全ての手を一度全部取り外し、
そして、本体も車で別の場所に移動して
修復する作業工程。。

車に乗って、移動している千手観音様、
今の世の中をご覧になって、
何を思ったかな~。。。
by kaori #-
2010/10/13(水) 10:46 [Edit
kaoriさん

BSいいですよね、ここのところ奈良がいっぱい。
観たいなぁ。

今度17日(日)、日テレで16時30分から「美しき古都・千年の旅人
~奈良編」があります。
こちらもいいかも!

飛鳥の釘は千年もつ、と。
作(造)った人が居て守った人が居て、それを想う人が居て。
いいなぁ・・
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2010/10/13(水) 21:22 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。