--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
07/04
*Sun*

初めはギョッとしたけれど

category : 読書 | 日記 | 日記
昨日のことなんですけどね。
思わずギョッとしたのです、心中「失敗っっ><」って。
ミクシィコミュで知って予約した児童書「千年の時をこえて」を
図書館で受け取って。
思い切り子供用風情の表紙に、今から電車の中で広げるには
勇気が要るなぁと(汗

千年の時をこえて

それでも、その後足を運んだ健康診断の会場で待ち時間が結構
長くって。
これが有るってあてにしてたから他の持ち合わせは無いし、
仕方ないので諦めて広げてみたら、、、
良かったのですよ~、それが。

小学生の女の子が言霊祀る神社で神社の初代神官の息子である
少年に出会って。
少年や神社の神主さんに万葉の歌の意味を教わりながら、
人の心を考えるようになる。
少年との時間が楽しくて別れたくなくて、それでも、住む世界が違う
その少年の為に自分はどうすべきなのか。
教わった歌を想いながら、自分の心に向き合って。

みなとなるアシの末葉(うらは)は、たれか手折(たお)りし。
我が夫子(せこ)が振る袖見むと、我ぞ手折りし。

この歌と同じように、わたしは自分に質問して、自分で答えた。
(マコマに、もう死んでいると伝えるのは、だれですか。
マコマがあぶないことにならないように、わたしが伝えます。)

沢村凛著「千年の時をこえて」より


1,000年前の少年マコマが、歌を用いて今の人の心を想い解く。
まるで、万葉の歌が心の辞書のようで。

当初読まずに返却が頭をよぎったのですけど、読めて良かった。
それもこれも、長かった待ち時間のお蔭で。
わからないものですね、結果正解。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。