--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
06/30
*Wed*

喜怒哀楽は変わらない。

1300年前も、今も。
子供が亡くなれば悲しい、試合に負ければ悔しい。

別に聖武天皇びいきではないのですけれど(汗
奈良国立博物館の西山先生のお話が聞きたくて昨日、大和路歴史
文化講座に行ってきました。
テーマが「大仏開眼」でもう何度も聞いた聖武天皇のお話でしたけど、
やっぱりまた目頭熱くなってしまった。

そんなに単純じゃないんです。
考え悩んで、いろんな想いがあって。
って。

華厳経の教えを尊んだという聖武天皇ですが。
この華厳経の華厳は厳しいのではなくって、華を厳(かざ)るの
意味なのだそう。
華は菩薩の実践のこと、それが世界を美しく厳ると。
厳るというのは自分の実践・行為、それによってひとつ、花が咲く。
すべての中に(塵の中にさえ)最高のものがある。
人間も、そのほかの動物も、塵までもが美しく尊い。
あらゆる存在は他のすべてないし全体と限りなく関わりあい、
通じあい、働きあい、含み合っている、と。

全ての動物、全ての植物が栄える世を作りたい。
その想い籠った大仏開眼には、当時260万人もの人が携わったそう。
大きいのはその姿だけでない、変わらない、世紀を超えた夢と願い。
そこに集った想う心。

数日前にも、西山先生のコラムで昔の人に泣かされたばかり
なのですよ。
龍馬さんやサムライジャパンだけじゃない、かっこいい日本人が
ここにいる。→「はるかに遣唐使を想う

そしてもうひとつ、
少し前に放映されたNHKのドラマ「大仏開眼」のこと。
先生曰く、光明皇后も吉備真備もヘン、聖武天皇も老けすぎ、
あれはフィクション、ですって(苦笑

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。