--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
03/05
*Fri*

わかってはいるけれど

理屈はあれこれわかってはいても、悲しいものですね、
いのちの終わりというものは。
一昨日朝実家の母から電話が入り、うさぎが亡くなったとのことで。

物言わぬただ優しい小さな子がもたらしてくれたものは、
とてつもなく大きかったです。
今まで動物を飼っていても可愛がる姿を見たことがない祖母や
父の頬を緩ませ手を伸ばさせ、あちこちかじるイタズラさえも
笑いに変えて。

数日前に様子が変だと連絡をもらってはいたのですが、朝、
家族が起きてきて食事を済ませそれぞれ仕事やら家事やら
いつもの日課に向かった頃、母に体を撫でてもらい、いつも足元を
追っかけていた祖母の膝元で体を撫でてもらってから、挨拶を
終えたかのように逝ってしまったと。

夜中に寂しく逝ってしまったのでなくってよかった。
間に合った母に抱かれての最後でよかった。
出勤前の弟が、息を引き取った直後と出かける前にもう一度
抱いてくれ、自分の使っていたタオルをその体にかけていって
くれたと聞いてほんとうに嬉しかった。
可愛がってくれた末弟夫婦も、母から聞いて仕事終了後見送りに
寄ってくれたそうで。

縁あって自分が東京から連れて帰った子を、家族がこんなに
大事にしてくれたことがありがたくて、余計泣けました。
くりちゃんにも家族にも、ありがとうでいっぱいです。

そして、自分は自分にできることを。
しばし毎日の日課の先祖供養に加えて、線香で動物供養です。
遠くから、ただただ感謝を想ってたんたんと。
動物は自然死が成仏しやすいそうで、その言葉にホッとしました。

それにしても、残念。
来年はうさぎ年なのに。。
昨日今日、あちこちでうさぎの絵柄が目について仕方ないです。



※動物の場合は忘れてあげるのが本当の供養になるので、
弔う場合は亡くなってから3日間だけ毎日、その後の一ヶ月間は
週に一度だけ亡くなった曜日に、あとは年1度だけ命日にと
早めに切り上げた方がよいそうです。
(参考:伊勢白山道ブログ8月10日記事13:01:01コメント
コメント量が多いので時間で探してね。)

COMMENT

くりちゃん!
わたしからもありがとう。
たまさんとくりちゃんの話で仲良くおしゃべりさせてくれて。

動物は成仏しやすいんだぁ・・・。
わたしはまだ犬の死から全然立ち直れていないから、きっと空にいけずに傍にいてくれてるのね。
先日も散歩中のポメ犬に直視してからしっぽ
を振られました・・・ごめんよ。うるちん
by まるこ #-
2010/03/07(日) 23:48 [Edit
まるさん

メッセージありがとう。
いのちの存在とはすごいなぁとあらためてまたしみじみ。
スムーズに次に早く行けるよう、どんなに良い子だったかって
推薦状持たせてあげたいくらい(笑
動物の転生サイクルは早いそうだけど、また平和に
暮らしてくれるといいな。
ね、うるちゃんも。
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2010/03/08(月) 21:07 [Edit
くりちゃん、小さな動物だけど、私達の中での存在は大きかったよ。
動物の死というのは、意思疎通が言葉ではなく、心でするからこそ、そこに感慨深さを残すような気がします。
また生まれ変わって、穏やかで暖かい一生を送ることでしょうね。
ありがとう、くりちゃん。
by megacon #-
2010/03/09(火) 12:28 [Edit
megaconさん

ありがとう。
ささやかなまったくの内輪ごとなのに、
megaconさんやまるさんにメッセージもらえて嬉しいです。
一羽を思いながら、いろんな生き物のことを思っちゃった。
いのちひとつひとつが奇跡だね。

また冷え込んできたので、風邪ひかないよう温かくして
体大事にしてネ。
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2010/03/09(火) 23:04 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。