--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
01/31
*Sun*

笙と篳篥と龍笛と

蘭陵王装束

東儀秀樹さんのワークショップ「雅楽に親しもう」に行ってきました。

そもそも興味を持ったのは、以前たまたま見た番組でソは青色って
お話されているのを聞いたから。
は天上から射し込んでくる光、篳篥(ひちりき)は人の声で地上の音、
龍笛(りゅうてき)は天地を行きかう存在、龍の鳴き声で天地の空間。
その演奏は天地空を合わせて宇宙を作る、と。

なので、昔々のニッポンの良いとこもっと知りたくて。

笙と篳篥と龍笛を初めて身近で見、触ってきました。
WS中は各楽器ひとりずつ代表者が壇上での体験でしたけど、
自由に触れ音を出せるように会場入り口に置かれていたもので。
龍笛は全然ダメでしたが笙と篳篥(難しいったら><)、音出ました~!
なんとか(苦笑

その龍笛、竹の周りに桜の木を剥いで細く切った物を巻きつけて
作られているのですって。

狩衣と楽器と舞の説明と。
独特の楽譜の映像を見ながら、すべて口伝えだというそのやり方で
短いフレーズを声に出し、曲に合わせて舞の動作のひとつをし。
口伝えは楽譜に書けない微妙なものを伝えるのに一番確実な
やり方だとか、琵琶奏者の作法動きを見て笙奏者がタイミングを
見、計るとか。
それは、指揮者のいない最古のオーケストラが息を合わせてきた
方法で。

1400年ほとんど変わることなく失われることもなく、日本にしかない
世界最古の音楽。
雅楽と正倉院の美学には、地球を1周してしまうくらいのノウハウが
あるそうです。

もーう良かったです、行って。
面白かったです。
子供たちの音楽の時間に、こういう時間があればいいのに。
笙の体験で壇上に上がったのが10歳の女の子でしたけど、
良い感じで音も出て、見事でした。
WS終了後、大人たちがその子に指位置聞く聞く(苦笑

実は篳篥ってヘンテコな音だと思ってました。
でも、今日で一変。
そして、東儀さんが演奏しながら会場入りした(真横通過!)笙の
音色に、身震い感動。
まさしく天から射す光。
今まで屋外で聞いたことはありましたけど、音響の良い静かな空間の中、
間近で聞くのは始めてで。
ナマ、凄いですね。

どうしよう、、また興味の幅、広がっちゃいました。

雅楽―僕の好奇心
以前読んだ「雅楽―僕の好奇心」も、わかりやすくて良かったです。

COMMENT

わっ~東儀さんの生演奏聞けたのは感動的ですね♪

私は、先日明治神宮に行った時、
売店の所で流れてたCD?の音色だったけど、
雅楽は感動しますね!
by かおり #-
2010/02/02(火) 17:30 [Edit
かおりさん

知らない世界を覗かせてもらった感じです(笑
最後に演奏して下さったオリジナル曲、2曲のうちのひとつがこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=sJtfs53de6s
お話もわかりやすくって、雅楽のあれこれも面白かったです。
古典芸能、いいかも。

明治神宮と言えば、、
まだ先ですが、また春の大祭が今から楽しみです。
by たまよりあまくり #wQAHgryA
2010/02/02(火) 22:59 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。