--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
01/11
*Mon*

学び始めは熊野から

学習開始の今週末です。

一昨日、明治大学アカデミーホールで行われた熊野学フォーラム
~心よみがえり講座~
に行ってきました。
テーマは「魂のゆさぶり 都会の憂鬱・熊野の楽天」

熊野速玉大社の宮司さん、宗教学者の山折哲雄氏、いとうせいこう氏の
講演と、みなさん揃ってのお話だったのですけど。
世界の三大宗教は、すべて乾燥地帯から発生したもの。
森林社会とはモノを考える質が違う、というお話が興味深かったです。

寿命が短かった昔の人たちは、死したようでまた芽吹き、
自分たちよりはるかに長く生きる大きな樹木に畏敬の念・神を
感じたのであろう。
森に入れば、そこここすべてが神であり。
そして、日本人の粘り強さは高い湿度に耐え得たことから
培われたのではないか、と。

ひとり歩き二人歩き何人もが歩いてできた道を、誰かが幾度と
手を掛けて。
細いけど、続く古道。
熊野速玉大社の木製の神像も1,000年以上、守られて今に伝えられ。

木製品は土に、道は藪に。
手を掛けないと朽ち、果ててしまうことを知っているから。
時代ごと、数々の人達が手を掛け今に繋げて。

思えば世界最古の木造建築、世界最古の会社、世界最古のガラス、
世界最古の恋愛小説、世界最古の王室(皇室)・・
日本にある世界最古は埋もれた遺跡の中でなく、活きて今に
残るものがいっぱい。
放っておけば壊れてしまうものを次に繋げ残す力が、この地の
上に有る者には受け継がれているのですよね。
例えそれを今忘れていても。

熊野速玉大社のお燈祭では、祭りの日白い物しか食べないそうです。
神事の前に身を清め、畏れ敬い神をお迎えする心持ち。

年頭の番組で北野たけしさんが熊野参拝をされていましたけど、
自分も今年は学び始めが熊野から。
早くご縁ができるといいです。

なので、まずは身近な熊野絡みから。
なんて、安彦良和さんの「神武」に今また手を伸ばしてます。

神武

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。