This Archive : 2012年09月

--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09/30
*Sun*

和(あまな)うのこと

和

和と書いて和(あまな)うと読むって、初めて知りました。
昨日の法隆寺フォーラムで。
テーマは「和の力-これからの日本」
↑写真は法隆寺管長さん直筆の版で作られた吉野ひのきのマグネット。

和(あまな)うって、
1 同意する。承知する。
2 甘んじて受け入れる。与えられたものに満足する。
3 人の心に合うようにする。機嫌をとる。
・・の意味ですって、goo辞書。
そのまんま、、まるで今年のテーマです、自身
ふぅ。

数日前、奈良の平城宮跡の原っぱを土色舗装する工事が始まったなんて
とんでもないニュースを目にして驚きと落胆でいっぱいだったのですが。
⇒ 「国営平城宮跡歴史公園 第一次朝堂院の広場整備の工事に着手
します」

⇒小さなホテル奈良倶楽部さんのブログ:奈良倶楽部通信 part:II
「平城宮跡の自然が破壊されようとしています!」

法隆寺管長さんの「法隆寺をお預かりしております・・」って始めの挨拶を
耳にして、心中頭下がり。
そして「今を預かっている私たち」、の思い満ち。

なので、最後アンケートに声を書いてきちゃいました。
当日フォーラムのことではないけれど、奈良繋がりで。
それから、奈良まほろば館の講座申込み時の補足欄にも。
しばし、関東からささやかな意見。
ずっとずっと、先人のみなさんが今に遺してくれたのは遺跡や遺物だけでは
なくって。
それを遺し続けてきたという事実と、次に遺し繋げるチカラだもの。

そして、
胸の底に持っている
「和を以って尊しと為す」

「日本人は欧米の一周先を走ってる」って、数学者の藤原正彦氏。
幕末日本に来た欧米人の見聞記には「日本人は貧しいがみんな幸せそうだ。
みんなにこにこ笑っている。礼節を交わしてる。」と書かれ、1980年代には
世界で初めて日本だけ「日本総中流」を実現し。
東日本大震災では、被災地のみなさんの節度ある姿に世界中が驚いた。
神社でもお寺でも手を合わせ、クリスマスも祝う。
世界中どこにもない、日本型のもの。
これから世界が学ばなければいけない。
自信を持って今こそ日本の出番、と。

パネルディスカッションのテーマは「和」にできること、「和」のなすべきこと。
「胸の底に持っている」

わ、我(吾)、輪、話、和、環。
外も中も、近くも遠くも。
今の自分の役割は、解決・好転に力を注ぐこと。
できるところでひとつずつ、あと少し。

あ、
パネリストの漫画家池田理代子さん、素敵でした。
聖徳太子、また読まなきゃ。
(Mさん、ゆっくり読んでね。笑)

聖徳太子
スポンサーサイト

2012
09/17
*Mon*

金沢経由で

category : 旅・遠足 | 日記 | 日記
白山比咩(しらやまひめ)神社に行ってきました。

白山比咩神社参道

4年振り。

白山比咩神社

昨日は、

白山方面

快晴!!

とにもかくにも。
御祭神、括り(くくり)直しの菊理媛(くくりひめ)。
(伊奘諾尊(いざなみのみこと)と伊弉冉尊(いざなぎのみこと)の仲を
取り持った神様です)
今だから、この時に。

そして、今回はもうひとつ。
およそ1300年前に白山を開いた泰澄(たいちょう)大師の像と、泰澄大師が
白山で感得したという十一面観音の像に会いに。
あの修験の祖、役小角(えんのおづぬ)も呪詛比べで泰澄大師には歯が
立たなかったそう。

白山本地堂

白山のふもと、白峰でバスを降りて白山本地堂へ。
明治の神仏分離で白山から下ろされた仏様たちを、その本地堂隣り、
林西寺の当時の住職さんが守り保護し今に至るのだとか。
立派な十一面観音は台座の上が75キロほど。
その昔、それを背負って山頂に上げ、また山頂から下ろした人がいる。
小さな静かな場所でしたけど、係りの方がとても丁寧親切で。
大事に大事に説明して下さって、、良かった(嬉

その係りの方お薦め、最寄りの雪だるまカフェがこれまた気持ち良く。
古民家で縁側全開、目の前の山並みを眺めながら、お昼のひと休み。
あ、写真なしです(苦笑

今回も。
それから白山天望の湯に寄って、金沢に戻り。
武家屋敷跡を散策して金沢ジャズストリートなるイベントで同僚クンの
ジャズ演奏を鑑賞して、遠足終了。

さぁて。
お札をいただいて、また霊線繋がりました白山神。
よしっ。

それにしても、、
管轄外の武家屋敷跡でキュンとなり。
わずかな時間で美しい雑貨や和菓子を小走りで眺め。
もう少し、時間が欲しかった金沢の夜。
次回こそ、かな。

長町研修塾
金沢職人大学校って、気になる・・

2012
09/02
*Sun*

今は漕ぎ出でな

「結果が最初の思惑通りにならなくとも、
そこで過ごしてしまった時間は確実に存在する。
そして最後に意味を持つのは、結果ではなく
過ごしてしまったそのかけがえのない時間である。」

↑有楽町MUJIの「映画・地球交響曲展」(~9/9)にて、
展示されている写真家星野道夫さん(第三番出演)のメッセージ。

ここ数カ月のバタバタや、先月のあんなこんなや、お昼のあれこれも。
しばらくすれば
「過ごしてしまったそのかけがえのない時間」になるのだなぁ。。(目閉

ちゃんと繋いでおけば、20年ブランクあっても縁は甦る。
って、昨日のトークイベントで龍村監督。
今回のイベントも、20年前のお仕事のご縁が繋いだものだそうです。
ありがたい。

「人業(ひとわざ)を尽くさないと、神業(かみわざ)は起こらない。」
おおよそ22年前の地球交響曲第一番、以前にも聞いたことがある
エンヤ出演時のエピソード。
喫茶店で流れて来た音楽を聞いて、有線に電話してエンヤと確認。
本人に3回手紙を出したが返事が来ず。
ある日参加したパーティーで隣りに座った外国人女性と話をしたら、
エンヤと同級生で家が隣り、教会の聖歌隊でも一緒に歌っていたという
エンヤの友達だった。
話を聞き地球交響曲ミニ版のような監督のCM映像作品を観た女性が
エンヤに電話、その後、エンヤから監督に電話がかかってきたという。

以前観たはずなのに。
お話の後再び観た第一番は新鮮で。
忘れてましたけど、アイルランドの聖地もたくさん登場。
エンヤと一緒に出演の鶴岡先生のお話がまた良いのですが。
THE MUSIC PLANTさんがパンフレットの記事をブログに紹介されて
いましたので、こちらをぜひ
ケルトとは…「地球交響曲(ガイヤシンフォニー)第1番」より

「“心に描いた島”を見失うな。
見失ったとき、現実の航海で
本当に“島を見失う”ことになる。
ナイノア・トンプソン(外洋カヌー航海者)/第三番出演」

「大いなる力に身をゆだね、
その力の一部となる。
あきらめず、漕ぎ続けよ。
ジェリー・ロペス(レジェンド・サーファー)/第四番出演」

漕ぐと言えば、、
「熟田津(にきたつ)に船(ふな)乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな
(『万葉集』巻1・8)」

さぁて、
一息ついてもう少し。
また漕ぎ出そ。

「世界中の子ども達が
めいっぱい幸せになっても、
この世の幸せは少しもへりません。
地球(ガイア)はそういうところです。
名嘉睦稔(木版画家)/第四番出演」


Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
09
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。