This Archive : 2010年08月

--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
08/29
*Sun*

解らなくても解らないなりに

東大寺大仏殿の前にある燈籠。
そこには楽器を奏でる4人の音声菩薩(おんじょうぼさつ)の姿が。
1300年間、人間には聞こえない音で大仏様の為に音楽を奏でてる。

近鉄奈良駅前にある行基像。
大仏建立に携わった僧行基さんが向いているのは、今でもその
大仏様の方角。

そんなお話を聞くと、そこにある黙した心にキュンとなる。

昨日は楽しみにしていた奈良国立博物館の西山先生の公開講座で。
お題は「大仏開眼の導師 菩提僊那(ぼだいせんな)」、聖武天皇に
頼まれ代わって大仏に眼(魂)を入れたインドの僧、菩提僊那のお話
だったのですが。

聖武天皇はその時どういう想いだったでしょうかね。
僧は他にもたくさんいたのに。
なぜ、それが菩提僊那だったのか。
インドの僧だったから?
そんなに単純じゃないんです。

歴史を学ぶというのは本当に難しい。
それは聖武天皇でないとわからない。
聖武天皇になってみないといけない。
でもなれないから、聖武天皇の気持ちになってみないといけない。
人間は人間を理解できない。
深い悲しみや苦しみなど、本当にそのようになってみないとわからない。
だから、理解しようとすることが大事。

って、まるで解ろうとすることがメインのテーマのようで。

ちょうどその前日のことですが。
終業時間まであと2分もあるって言う隣の席のFさんに
「今計算してますから(だから自分はちょうどいい!)」って得意げに
反応したら、だから邪魔しないでと取られて違う違うと近隣席含めて
大笑い。
言葉の続きがあったのですょ、Fさん
・・・自分も気をつけよう(汗

そこにかつて心尽くした人が在ったこと。
今そこに在る人が、何をどう感じているのか言おうとしたのか。
そこにどんな心があるか。
わからなければ、本人に聞いてみる。
その人の気持ちになって、解ろうとする。
解らなくても解らないなりに。

毎日毎日暑いですけど。
極寒の銀座の会場で寒さに堪えながら、そんな心の謎解きのような
西山先生のお話を堪能。
もう、この贅沢なこと!

もし大安寺に行けたなら。
当時260万人が結縁したという大仏の開眼会で、その先端の筆を
持ったインドの僧が暮らしていた場所、今は駐車場となっている
その場所に、自分も立ってみたいです。

【参考】西山先生のコラム ⇒ 「大仏はなぜ造られたのか
スポンサーサイト

2010
08/12
*Thu*

イルカで涼一服

先日の大失敗(8/7日記)ですが。
無事Cさんから再度メールいただけました?!!
あぁ、嬉し(浮

ということで、教えていただいたのがこちらの動画です。
Cさんの動画コメントより、
「August 1,2010 大島沖合にてイルカの群れにあいました。
楽しそうに船と遊んでいました。」
とのこと。
みなさまにもぜひ、涼のお福分け。





もう、爽快!
山もいいけど、海もいいですね。
明日夜から愛知に帰省なのですけど、伊勢湾の神島北西辺りでも
イルカの群れが時折観察されてるとかなんとか。

ではでは、
毎日暑いですけど十分身体に気をつけて。
楽しい夏をお過ごしください^^

2010
08/08
*Sun*

今日の山伏放談

今日は奈良まほろば館で。
吉野の修験の本山、金峯山寺(きんぷせんじ)からいらした
蔵王権現さまと対面してきました。
ようこそ日本橋へ!なんて。



金峯山寺では節分の時、「鬼も内」と言うそうです。
入ってきた鬼をも改心させる、と。

修行の際、山で出会って怖いのもありがたいのも人間。
修行すればするほど、頭を下げなければいけない。
なぜなら、生かされていることに気づかせてもらうのだから。

山で雨が降ると。
木々が葉で枝で幹で、水を流し溜めてくれる。
雨が万人に分け隔てなく降るように仏の心も注がれているのに、
私たちは笠をつけ傘をさし、自分で雨を避けることを選択している。

大汗かいて涙流して血反吐を吐いて。
大自然が道場で、自分で修業し、自分で得る修業。
神様も仏様も大切、自分の存在を超えたすべてのもの。
生かされ守られていることに感謝する。
それが、日本の祈りの心。

死んで山に入り再び生まれる。
そして、山の行より里の行。
菩提の種を蒔きましょう。
地に足をつけ、枝も根も張る種を。

金峯山寺の五條さんが「山伏放談 山修行の魅力」の題目で
お話して下さったのですが。

憎くて怒る親はいない。(←残念ながら最近は例外多々ですが
泣きながら怒りながら、蔵王権現さまは私たちを守って
下さっている。

蔵王権現立像
「蔵王権現立像」 ※スミマセン、相変わらずボケ写真(汗

・・って、もう最後、涙目です。

2010
08/07
*Sat*

大失敗

数日前のことですが。
もーう何年振りかで友人Cさんからからメールが届いたのです。
ご主人が釣りの途中でイルカの大群と遭遇、その動画をアップしたから
見てみてねって。
あまりに久々でびっくり、でも嬉しくって、あとでゆっくり見ようと
思っていたのですが・・

気づいたらどこにもメールが見当たらず、大慌て。
ゴミ箱はもちろん、他のフォルダにも。
消してしまったようです、すっかり(泣

マウスの調子がおかしかったのですよ、数日前から。
ドラッグできなくなったと思ったら、消し過ぎたり戻り過ぎたり。
どうやら故障のようで、買い替えなければと思っていた矢先のこと。
案の定、他のメール削除の際ついていってしまったらしく。
気をつけていたつもりが、大後悔。

あれこれ問い合わせてみたものの、再受信も復活も不可能で。
以前のアドレスは、送信されず。
携帯に残っていたアドレスにメールしてみたけれど、繋がったって
ホッとしたのも束の間、返信来ず。
使われてないかもね。。がっくり。

ということで、あれこれ探して出てきた住所にこれから手紙を書いて
みるところですが。
届くといいなぁ・・

モノも身体も、故障の対処は早くすべきですね。
翌日速効買い替えたマウスの快適なことったら(汗
後悔先に立たず、ただただ反省。

いつかまた、どこかで会えるといいな。
せっかくだったのに、、Cさんごめんね。

2010
08/02
*Mon*

ケチャとカンフー

昨日は新宿三井ビルの広場で行われたケチャまつりにお誘い
いただきまして。
まほろば館での講座のあと、ケチャ???のまま初体験してきました。
(○さん、ありがとう~!)



一応、、
ケチャ (kecak) とは、インドネシアのバリ島で行われる男声合唱。
または呪術的な踊り(サンヒャン)にともなう舞踏劇。
・・・だそうです、ウィキぺディアによると。

土地の精霊を想い感じながら見ていたのですが、逆に、無性に
日本のお祭りや御神楽が見たくなりました。
古いお祭りに行ってみたいです、体感したい。

そして、先週観た映画「ベスト・キッド」の中で。
上着を脱ぎ、落とし、拾って掛けて。
ひたすらの繰り返しに文句を言う少年にジャッキー・チェン演ずる
カンフーの師匠が語った
「日常(すべて)がカンフーだ」

・・そう、日常が。
字幕の表現ですけど、これが、ここずっと離れなくて。
奇異でもお金で買うものでもなく、日常が精神世界なのにね。

ケチャのあと、そんな話をしていたら、余計また日本を知りたく
なりました。
ケルトもそうですが、ケチャもカンフーも。
異国の文化風習がもう一度、自分の足元に気づかせてくれて。
だから、いろいろ体感してみたくなるのですけど。

さて、来週はまほろば館で修験のお話です。
昨日はたまたま平成伎楽団のパフォーマンス「知恵のある少年と
蛇のお話」を見られてラッキー(良かったです!)だったのですが、
来週は、修験の本山金峯山寺の役行者伝記絵図や吉野曼荼羅、
蔵王権現彫刻などが展示されるそうで。
こちらも楽しみです。


Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
3
4
5
6
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。