This Archive : 2010年03月

--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
03/27
*Sat*

5年前の旅の場所

昨夜は「『英国パワースポットと魔法の世界2010』~占星術研究家・
鏡リュウジ氏が語るイギリスパワースポット最前線~」に行って
きました。
要は鏡さん同行ツアー開催にあたっての無料の紹介イベント、な
わけですけど。
ほぼ行った場所なので、お話だけ聞きたくって。

ロンドンの占星術のショップとかフリーメイソンのロッジとか、
アーサー王やケルトの伝承物語、再生や豊饒の大釜の話に
レイラインにあれやこれや。

大英博物館ではエジプトのオイル(アロマ)の壺なんかは探した
のですけど、占星術の道具が展示されていたのは見たような
見てないような・・??
天なるものと地なるものが等しいのが聖地、グラストンベリーの街の
上には黄道12宮があるとか、チャリス・ウェルの円が2つ重なっている
デザインは2つの世界が交わってるシンボルだとか。



正味1時間の短い時間でしたけど、興味のツボにハマる濃いお話
伺えました。
あれから知り学んだことも多々、次回(!?)はまた違う旅が
できそう・・なんてこの週末、心はすっかりあちらに飛んでます(苦笑

グラストンベリーといえば、、
街のバスで乗り合わせた近郊在住の日本人女性の方、
元気かなぁ。。

※Chalice Wellの庭と水音の動画はこちら
 → Chalice Well, Glastonbury, Somerset

荒俣宏の裏・世界遺産2  イギリス魔界紀行
荒俣宏著「荒俣宏の裏・世界遺産2 イギリス魔界紀行 ―妖精と魔女の故郷へ
これから読んでみます。
スポンサーサイト

2010
03/25
*Thu*

やり直し日和

古い春物マフラーのフリンジ部分を切り離して、コットンの糸で
縁取り補修していたのです、月曜日。
あまりに思いつきで取りあえず、と始めたもので、後になって
適当で雑な端部分の処理がやっぱり気になって。
もう一度翌日、ほどいてやり直し。

で、考えたつもりが今度は変えた編み目の感じがなんとなく
しっくり来ず。
前の編み方のが良かったなぁって、せっかくなのでまたほどき。

やり直し、するもしないも自分次第、なわけですが。
始めから考えて丁寧に始めていればよかったのですけどね。。

そしたら昨夜観た映画「誘拐ラプソディー」の最後の最後、
高橋克典さん演じる主人公誘拐犯がひとこと、
「今日はやり直すのにちょうどいい日だ・・」

一夜経って記憶曖昧、こんな感じだったと思うのですけど
(ちょっと違うかも)。
只今やり直し真っ最中の身、どっきり苦笑いです。
でもやり直しができるって、ありがたいことですよね。

2010
03/21
*Sun*

忘れちゃいけない

category : 映画 | 日記 | 日記
今も昔もこの瞬間も、遠く広大な彼の地では草を食み野を
駆け狩りをする生き物たちの営みがあって。
朝が来て風が吹き、陽が落ちて。

沈まぬ太陽

今日は映画「沈まぬ太陽」を観てきました。
昨年からずっと手元にあったチケット1枚、やっと使えて(ホッ

何年にも渡っての会社の徹底的理不尽な仕打ちに翻弄されながら、
決して辞せず、自社航空機墜落事故の遺族の方の絶望に比べたら
ちっぽけなことだと最後に語る主人公。

昨夜はサリン事件のドラマも観たのですけど。

犠牲になった方々の声なき声を。
過ちを繰り返さぬよう、その痛みを無駄にせぬよう。
遺族のみなさん、その現場で対処にあたった方々関係者、
各立場それぞれのご家族。
直接間接多々あれこれ、心痛めたたくさんの人たちの想いを。
忘れずに、未来の為に。

・・・バテてる場合ではないですね(実はちょっと疲労気味)。
時になんだかなぁ、、なんて思うことも多々ですが。
今在る者はできることを。
日々の中、自分は自分の目の前の成すべきことを。
そんなことを思いました。
一番大事なことは何か。

それにしても、、
映画の中、七三頭の渡辺謙さんがオードリーの春日さん!?
に見えて仕方なかったです。

2010
03/16
*Tue*

それは次回のお楽しみ

職人技のダンスに惚れ惚れした日曜日のあと、昨夜は恒例
まりりーなのダンスの会(春のセイクレッド・サークル・ギャザリング)で。
良い汗かいて、団欒ダンスを(正式名称ではありません、笑)
楽しんできました?。
笑い虫、復活。

そしてそして、広がる広がるケルト好きの輪(嬉
(内緒話風に)まりりーながアイリッシュ音楽にセイクレッド・
ダンス風振付を考えてくれたのですって!!
(すみません、言っちゃいました。事後報告

セイクレッド・ダンス?アイリッシュ音楽で?なあになあに??
と思われた有志のみなさま、次回会場でお会いしましょうね。
今度は夏至の頃かなぁ・・
って、勝手な内輪の予想ですが。

ちなみに、今夜シェア時にひいたカードは

Delight

もう、そのまんまです。

※まりりーな、参加のみなさま、ありがとうございました!!

2010
03/14
*Sun*

今年も表参道で

毎年恒例、表参道のセント・パトリックス・デー・パレードを
見に行ってきました。
・・といっても、今年は専らヒルズで行われたアイリッシュ・ダンス・
カンパニー トリニティ
のみなさんのパフォーマンスが目当て
だったのですけど。

15時と17時半の2回、同行のみなさんと一緒にしっかり堪能
手拍子して参りました。
先週はひとりだったダンサーが、今週は御兄弟おふたりで。
もーう、その美しいこと。


最年少で世界選手権2連覇のギャレットさん

帰宅後さっそく検索してみたら↑先週末の熊本でのイベント模様を
見つけてまたまた得した気分。
やっぱり行きたい7月公演、です。

2010
03/07
*Sun*

15分のために

行ってきました、表参道ヒルズ。
7月に来日公演を行うアイリッシュダンス・カンパニー トリニティ
出演者がダンスお披露目とのことで。
14時頃イベント情報を見つけ、16時の回に間に合う!ってもう
居てもたってもいられず。
約15分のイベントだというのに、先月の出不精がウソみたいです(苦笑

今日はダンサーの男性と、イーリアンパイプの男性おふたりで。


今日は別の方(御兄弟)でしたけれど。

ギャラリー少なめでもったいなかったですが、その分近くで見られて
万々歳。
ホイッスルのダニー・ボーイ演奏が沁みました。
来週セント・パトリックス・デー・パレードの日もパレード参加とダンス
お披露目だそうなので、また楽しみです。

おおよそ20分、足を運んだ甲斐がありました。
気づけてラッキー(嬉

それにしても表参道ヒルズで、
時間つぶしに最寄りを覗いてみればそこは奈良の商品スペース、
少し移動してみればそこはフィンランド・マーケット。
なんだか、縁があるものです。

2010
03/05
*Fri*

わかってはいるけれど

理屈はあれこれわかってはいても、悲しいものですね、
いのちの終わりというものは。
一昨日朝実家の母から電話が入り、うさぎが亡くなったとのことで。

物言わぬただ優しい小さな子がもたらしてくれたものは、
とてつもなく大きかったです。
今まで動物を飼っていても可愛がる姿を見たことがない祖母や
父の頬を緩ませ手を伸ばさせ、あちこちかじるイタズラさえも
笑いに変えて。

数日前に様子が変だと連絡をもらってはいたのですが、朝、
家族が起きてきて食事を済ませそれぞれ仕事やら家事やら
いつもの日課に向かった頃、母に体を撫でてもらい、いつも足元を
追っかけていた祖母の膝元で体を撫でてもらってから、挨拶を
終えたかのように逝ってしまったと。

夜中に寂しく逝ってしまったのでなくってよかった。
間に合った母に抱かれての最後でよかった。
出勤前の弟が、息を引き取った直後と出かける前にもう一度
抱いてくれ、自分の使っていたタオルをその体にかけていって
くれたと聞いてほんとうに嬉しかった。
可愛がってくれた末弟夫婦も、母から聞いて仕事終了後見送りに
寄ってくれたそうで。

縁あって自分が東京から連れて帰った子を、家族がこんなに
大事にしてくれたことがありがたくて、余計泣けました。
くりちゃんにも家族にも、ありがとうでいっぱいです。

そして、自分は自分にできることを。
しばし毎日の日課の先祖供養に加えて、線香で動物供養です。
遠くから、ただただ感謝を想ってたんたんと。
動物は自然死が成仏しやすいそうで、その言葉にホッとしました。

それにしても、残念。
来年はうさぎ年なのに。。
昨日今日、あちこちでうさぎの絵柄が目について仕方ないです。



※動物の場合は忘れてあげるのが本当の供養になるので、
弔う場合は亡くなってから3日間だけ毎日、その後の一ヶ月間は
週に一度だけ亡くなった曜日に、あとは年1度だけ命日にと
早めに切り上げた方がよいそうです。
(参考:伊勢白山道ブログ8月10日記事13:01:01コメント
コメント量が多いので時間で探してね。)

2010
03/01
*Mon*

昨日の講演会で

昨日と言っても、もう土曜日のことですけれど

「ケルト模様は生きようとしている装飾。」
って、東京都現代美術館で行われた講演会、多摩美大の鶴岡先生
言葉にドキドキしました。
なんだか嬉しいような。

リンディスファーンの福音書
『リンディスファーンの福音書』より、マタイによる福音書の序頁(Wikipediaより)

・・人間は光をデザインできる。意匠化できる。歌うことができる。
光を入れる、それが装飾。
光、それは命のことでもあり。
文様は、再生への祈り・希望を表している・・・etc。

テーマが「現代と装飾~祈りと思考のミクロコスモス」だったもので、
残念ながらお目当てのケルト関連の話題が出たのはほんの少しだけ。
密かに期待してたのですが(苦笑

それにしても東京都現代美術館。
観覧チケットも不要な講演会って、驚きました。

Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
03
2
3
4
6
8
9
10
11
12
13
15
17
18
19
20
22
23
24
26
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。