This Archive : 2009年11月

--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11/28
*Sat*

儀装馬車運行

皇居東御苑で行われた御即位20年記念儀装馬車運行
見に行ってきました。

逆光だったし携帯のレンズは傷付いてるし写真無いし、、、って
諦めてたら、早くも動画をアップしている方がいらしたので。
(一応撮ってはみたのですけど、汗)
さっそく、ちゃっかりお借りしました。

「即位礼および大嘗祭後神宮に親謁の儀」の際、天皇陛下が
使用された儀装馬車2号(上)と、皇后陛下が使用された3号(下)。





肉眼で見る、初めての非日常場面。
背景の紅葉も見事で、美しかったです。

明日も行われますが、運行前に音楽隊のみなさんの演奏が
あったので、行かれるなら少し早目がいいかも、です。
スポンサーサイト

2009
11/27
*Fri*

しかの神とさかなの神の言葉

category : 読書 | つぶやき | 日記
児童書「松谷みよ子のむかしむかし五」を読んだのですが、
その中「えぞいたちの女神」のお話の、しかの神とさかなの神の
言葉にドキリとしました。

えぞいたちの女神が飢饉に困った村を助けてあげて欲しいと
歌い願うと、、

女神よ、そのわけをはなそう。
むかしは人間たちもつつましく、
どんなけものをころすのにも礼儀があった。
そのころおれたちのなかまは、かざり矢をくわえ、
よろこんではねながら、天へかえってきた。
いまは人間もわるくなった。
くさった木でしかをころす。
そこでしかたちは、なきながらくさった木をくわえてかえってくる。
そういうことはよろしくないから、こらしめのために、しかの根をたったのだ。

それをきくと、さかなの神も、つぶっていた目をひらいていった。

まったくだ。むかしはさかなをころすにも、礼儀があった。
うつくしいかざりをつけたやなぎのぼうで、あたまをたたいたものなのだ。
そこでなかまのさかなたちは、いつもあたらしいぼうをくわえ、ぴちぴちとはねながらかえってきた。
それがいまはどうだ。
くさった木や石をぶつけてころすので、
なかまのさかなたちはなきなき、くさった木や石をくわえてかえってくる。
おもしろくないから、さかなの根をたったのだ。

(「松谷みよ子のむかしむかし五≪日本の神話2≫」 えぞいたちの女神 より)


まるで、今投げられている言葉のようで。
泣きながら何をくわえて帰っているのか・・。

このあと、続くえぞいたちの女神や他の神の言葉に両神は許し倉を開け、
鹿と魚は下界へ下るのですが。

「人あっての神であり、
神あっての人であれば、
たすけあい、おしえあってくらしたいもの。・・・」

むかしむかしを話し始めると笑われるのですけど、
出会ってしまうのだもの。
いろいろ見聞きするうちに、気づくのだもの、あれやこれや。
仕方ないです。
自分にしか、わからない(苦笑

2009
11/23
*Mon*

勤労感謝の日に

国際フォーラム、行ってきました?!!ラグース公演。



手拍子しすぎて、手がしびれ(嬉々爽快

開演前、
会場最寄、行きたかった皇居東御苑の御即位20年記念特別展
足を運んだのですが、もーうなんともかんとも・・
眩しいほどの空の下、なびく御旗に感嘆溜息。
今日は新嘗祭なので、宮中で神事がなされているのだなぁと
思いながら。

全国の新米が収穫され終わったこの時期、毎年11月23日、
天皇陛下は新嘗祭で今年の新米を初めて口にされるそうですが、
薬師寺の亡き元管長さんは、陛下より先には口にできないと、
どこに行ってもこの日まで新米を食さなかったとか。
店頭で新米表示が始まると、その話を思い出して。

公演後、余韻ついでにそんな話を聞いてもらいながら、
しばし自分的アイリッシュ・ウィーク(月間かなぁ)、
今年のご褒美、始まりです(浮

.. 牧草 .. 牧草 ..牧草 ..

※新嘗祭(にいなめのまつり、にいなめさい、しんじょうさい)とは、
11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、
また、自らもこれを食して、その年の収穫を感謝する祭儀。
宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。
秋に新穀を供えて神を祭る稲作儀礼である。(ウィキペディアより)

※28・29日、皇居東御苑で御即位20年記念儀装馬車運行があります。

2009
11/21
*Sat*

神楽と宝物

昨日天気予報で出かけるなら土曜日って言うものだから、
行ってきましたハシゴして。
島根県の石見神楽と、皇室の名宝展

伝統芸能の神楽をちゃんと見たのは初めて(おそらく)なんですけど、
も?う見事でした、ヤマタノオロチ!(拍手


実際40分弱くらい。今日は8頭だったような・・

せり出した舞台脇、オロチに近寄られて泣きだした小さな子が
微笑ましくって。

寒い中、日本橋三越の屋上での上演だったのですが、
明日も大手町サンケイプラザで2回上演されるそうです。
にほんばし島根館 東京で体験する島根

それがまた、なんとなく予約していた「神楽と出会う本」を
先週図書館で受け取ってきたところなんです。
いいタイミングでしょ(笑

そして、正倉院の宝物目当てで国立博物館へ。
ありました?、天武天皇から代々6代の天皇が使われたという
箪笥!(すみません、天武ファンで。苦笑)
それから螺鈿の琵琶や鏡に聖徳太子の書も、最後まで見たあとで
名残惜しくてもう一度会いに戻ってしまった。
閉館間際、2度目の対面は独占状態で(惚
もう来年は行かなくちゃ、、正倉院展。

今でも生きてます、みんな。
生き生きと。
絵巻の中で、書の上で。
1,000年以上前の美しく手の込んだ細工に圧倒され、
衣装の縫い目の大きさにふと近しさを感じ。
漫画のような場面には、思わず頬緩んだり。

帰り道、今日の神楽と宝物で内側ぽかぽかで。
良かったです、行って。

神楽と出会う本

2009
11/19
*Thu*

はたらくのこと

category : 読書 | 日記 | 日記
数日前に見たドラマで、働くことは闘いだって言ってました。
が、
「働く」は「はたらく」、「はた」と「らく」、
「はた」は周囲のこと、「らく」は楽しむの意味。
なので、周囲の人を喜ばせるのが、日本人の「はたらく(働く)」
という意味だそうです。

もうひとつ。
「祈る」は「いのる」、「い」は命のい、その「いのち」は生きる知恵、
「のる」というのは宣言の宣。
神様のおっしゃる言葉が伝わってくるということが、日本人の
「いのる」だと。

春日大社元宮司、葉室頼昭さんの「神道と日本人」を読んで
わくわくしました。
ここのところ、葉室さんの本をちょこちょこ読んでます。

神道と日本人  ひらがなでよめばわかる日本語のふしぎ

「いね(稲)」は命の根の意味だと、先に教えてもらったのは
中西進さんの「ひらがなでよめばわかる日本語のふしぎ」でしたけど、
こちらも面白かったです。

毎度図書館の返却日に追われて慌てて本を読むもので、
良かった?!って思っても、ゆっくり言葉にする間がなくて。
ちょっと前に読んだこちらの本も豊かな日本ヂカラに感動、
胸熱くなったのですけど。

日本人の曖昧力  日本でいちばん大切にしたい会社

日本、面白いです。

さて、明日は金曜日。
週末を楽しみに、明日も元気にはたらきに、行ってまいります。

2009
11/14
*Sat*

柿話ふたつ

西の魔女が死んだ 」の著者梨木香歩さんがゲストということで、
立教大学で行われた講演会「環境と文学のあいだ7:自然とともに
在ること」に行ってきました。

そしたらなんと、
梨木さんが「家守綺譚」をベースにした新作「柿」という短編を
朗読して下さいました(驚
昨日書いた作品ですって!

湖で行方不明になった友人の家に住む主人公と、同居の犬、
柿の葉寿司を作るお隣の奥さんに、相変わらず突然現れては
消える(行方不明の)友人。
そして、秋の神様竜田姫
なんとなく、ハナさん(木花咲耶姫)登場の絵本「マジョモリ」を
思い出すような。

お話が「柿」だったので、帰宅して、先週幼馴染のEちゃんが
送ってくれた柿の最後の1個を大事に食べようと、
丁寧に1個ずつ包んでくれた新聞紙を広げてみたら、、、◎◎
飛び出したチビ芋虫に仰天凍りつき。

自然と生き物のお話を聞いてきた直後ですが、
この夏熊田千佳慕さんの昆虫画に感動したはずですが
8月22日日記)、、やっぱり><

今日は、柿に驚かされました(汗

西の魔女が死んだ 家守綺譚 マジョモリ

2009
11/11
*Wed*

余計に観たい

category : 映画 | ひとりごと | 日記
一昨夜、試写会に足を運んだのですが、
始まって30分くらいで映像トラブル。
残念ながら、試写中止(がんばれ?!

その後、サイトを見て、予告を見て。
丁さん親子の物語、「泣きながら生きて
2006年にテレビで放映されたドキュメンタリーだそうですが、
余計に観たくなりました。


2009
11/07
*Sat*

餅と的と

もう数日前のことですけど・・

3日の明治神宮秋の大祭、百々手式流鏑馬、良かったです!
初めて見ました。美しーい。
心技体とはよく言ったもので。


映像見つけました。当日、ちょうどこの立ち位置辺りから見てました。

そしてこちら、つきたて辛味餅。
3個200円也。

辛味餅
一番左、食べかけで失礼m(_ _)m

相変わらず、ぼんやりすみませんっ。
これが美味しくって。

10人が並んで順に矢を射る百々手式のあと、隣会場の
「天下太平」「五穀豊穣」の旗に誘われて東京農業祭を覗いてみたら、、
おむすび持って行ったのに、餅つき現場に釣られました(苦笑

的を射る姿を見たところだったので、10月17日の「もちのまと」
お話を思い出し。
このお餅を的にするなんて、ねぇ・・

呼吸を整え、相手をみて自分をみて、息を合わせて、
今を感じて変化を感じて。
繰り返しの中にある、日々の情報。

残念ながら、古武道は時間も長く他と重なっていたので
初めのうちしか見られず。
ホラ貝吹くのに流派があると、初めて知りました。

お祭り神事、いいですね。
人混みも思ったほどでなく、それも良かったです。

・・ さとと?どんぐり ・・ さとと?どんぐり ・・ さとと?どんぐり ・・

※同3日に渡り始めの儀式が行われた伊勢神宮内宮の新しい
宇治橋に、神の御柱が降りている写真だそうです。
伊勢白山道ブログ 11月7日付記事
早くまた伊勢に行きたいです。

2009
11/04
*Wed*

カンテレ体験

フィンランドの楽器、カンテレってなに?って、さらふぁいさんの
ブログ
におじゃまするたび、思ってました。
なので、思い立って検索。
ありました、東工大でフィンランド・ウィーク
ということで、古楽器カンテレの演奏を聴きに行ってきました。

・・昨日、明治神宮で流鏑馬見たあとでね(苦笑

ひとしきり静かな演奏を聞かせていただいたあと、
会場の聴衆が順番に少しずつ演奏体験。
教えていただいたのは、この曲。



触らせていただいたのは、奏者のみなさんが演奏されていた
5弦のカンテレ。

カンテレ

隣に座ったフィンランド人の男性が順番終わってひとこと、
「難しーい。」(笑

いえいえ、面白かったです。
お蔭さまで今日1日、鼻歌はついこのメロディで。

2009
11/01
*Sun*

新宿御苑で

昨日のことですが。
バラも綺麗でしたけど、ジュウガツザクラ咲いてました。

ジュウガツザクラ

少し前ですが、気づいたら携帯のレンズ部分にキズが
ついてまして><
まるで汚れでもついてるかのように、ぼんやり。
残念ながら、替えドキかなぁ・・涙

Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
11
2
3
5
6
8
9
10
12
13
15
16
17
18
20
22
24
25
26
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。