This Archive : 2009年10月

--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
10/31
*Sat*

明治神宮で

明治神宮秋の大祭で、舞楽の奉納を見た帰り道。
鳥居の前、正殿に向かって深く頭を下げて帰る若い女の子
二人組を前にして、なんだか目頭熱くなりました。
・・感無量。

自然という土台の上、今あるものは、誰かがつくり守り
残してくれたものばかり。
せめて、それを壊し絶えるチカラにならぬよう気をつけよう。
七五三の家族の後ろ、参道を歩きながら、そんなことを
思ったりして。

今日の3番目の舞「狛桙(こまぼこ)」に、すっかり
引き込まれました。
中国系でも朝鮮系でもなく、日本で新たに作られた舞楽
だそうです。

次は3日、今回は古武道と流鏑馬、百々手式という
弓を使った儀式も見に行ってみようと思います。

..紅葉したモミジバフウの葉03(白い背景付き) †SbWebs† ..紅葉したモミジバフウの葉02(白い背景付き) †SbWebs† ..紅葉したモミジバフウの葉01(白い背景付き) †SbWebs† ..

※「ココロ・ニ・マド・ヲ 万葉集」の Nippon Archives に
新しく「京都二十四節気」ができたそうです。
美しい映像で、これから24の暦が学べます(嬉
スポンサーサイト

2009
10/28
*Wed*

エコツーカフェ

何度聞いても慣れません。
羊や豚を見て食べごろを思うこと><

昨夜はエコツーカフェ アイルランド編でした。
メインは食のお話で。

途中、ブラウンブレッドとニシンの燻製のディップが回って
試食タイムとなり。
そもそも魚料理はあまり得意でないもので、スコットランドに
行った時もそれは食さなかったのですけど、、
意外に大丈夫でした。 美味しかったです。
・・ちょこっとならね(苦笑

ハロウィンのカボチャのランタンは、もともとカブ(ターニップ)を
使っていたそうですよ。
画像を見るとなんともかんともですが(汗

時折、少々スコットランドの肩身が狭くなるようなお話が
出ましたから、ここでちょっと肩を持って、、
スコットランド、がんばれ!(笑

エコツーカフェ、次回来月はヨルダンだそうです。

.. クローバー.. クローバー.. クローバー..

※12月9日、アヌーナと鶴岡真弓さんのシンポジウムを見つけました。
シンポジウム「アヌーナ アイルランドを語り、歌う」
12月は盛りだくさんです(万歳!

2009
10/25
*Sun*

上野から吉野を観る

昨夜、東京国立博物館講堂でトークショー「救おう千年の桜
?世界遺産吉野からのメッセージ?」がありました。
近年、奈良吉野の桜の立ち枯れ等被害が目立つように
なってきたそうです。(吉野の桜の現状

救おう吉野の桜

吉野の桜は、1300年前役行者が蔵王権現を刻んだ御神木。
その後信者の人たちによって献木として植え続けられ、今の
吉野山の姿になったそう。
人が関与し続け維持してきた、壮大な景観。
江戸時代には富士山と並ぶ日本の代表景観だった、と。

そもそも、
花と言えば桜となったのは、その昔、日本が日本となった頃からで。
それまでは、花と言えば梅。
その桜が病んできたのは、日本(人)が病んでいるということに
通じるのでは。
明治の神仏分離に昭和の敗戦、欧米化によって日本の文化・
信仰の心が分断されてから・・

以前一度お話を聞いた吉野金峯山寺の田中総長さんと、
上野寛永寺の浦井執事長さん、元キャスターの宮崎緑さんの
お話でした。

繋げ守るチカラは日本(人)が誇れる良いところのひとつだと
思うのですけど、痛いお話です。

上野の桜は、寛永寺を開いた天海さんが江戸の庶民を喜ばせるため、
吉野からヤマザクラの苗木を取り寄せて植えたのが始まりだとか。
見栄え良く早く花が咲くよう作られた寿命約60年のソメイヨシノに
その後とってかわられ、すっかり無くなってしまったそうですが。
寛永寺さんで今、その絶えてしまったヤマザクラの苗木を吉野から
譲り受けて、育成しているところだそう。

知ると観方が変わるから。
吉野の桜ももちろんですが、まずは来春、手近な上野の桜。
先人が繋いできた心を観ておかねば、です。

2009
10/22
*Thu*

映画のあと

category : 映画 | つぶやき | 日記
竹中直人さん主演「僕らのワンダフルデイズ」を観たら、
昔懐かしい人たちに会いたくなりました。

長いこと会ってない同級生や、若かりし頃一緒にがんばった
元同僚。
地元の、友人知人。
・・・まぁ、消してしまいたいようなことも過去多々、ですが(苦笑

泣いたり笑ったり怒ったり、あれやこれや。
いつかどこかで誰かと共有した時間が、ある時ふと、
今のチカラになって。

そう、今この瞬間も。
今日も、来て下さってありがとうございます(深々

竹中さんが劇中熱唱する歌が、一昨日からずっと、
グルグルしてます。


2009
10/18
*Sun*

秋空の下

土と平和の祭典」に行ってきました、今年も。
芝生の上に体操座りして、YaeさんとFUNKISTと
加藤登紀子さんのライブ堪能。

最近休日はほとんど屋内行動なもので、快晴の本日、
久々日干し状態。
お蔭さまで、朝方重かった頭もすっきりです。

もうちょっと早く行けばよかったなぁ・・
出足遅かったもので、農家さんたちの出店全く覗けず。
来年また、ね。


南アフリカから来た従兄弟が日本で初めて雪を見て喜んで、
お母さんに持って帰ろうと思ったんだけど、、のお話で始まる「白い世界」

2009
10/17
*Sat*

もちのまと

category : 和・日本 | 日記 | 日記
子供の頃読んだ絵本で、
「お餅を的にして矢を放ったら、白い鳥になって飛んで行った・・」
というような物語があったのですけど、どうしても題名と内容が
思い出せなくて。
なんとなく、気になっておりました。
また読んでみたいような。

そしたら今日、「出雲神話の魅力」の講座でいただいた
出雲学通信第5号の記事の中に、その元らしきお話が
出てました?(嬉々

山城国風土記に出てる伏見稲荷の起源説話だとか。
とある方がお金持ちで食べ物が余ってしまうので、お餅を的にして
弓を射ると、鳥に変わって飛んでいき、稲になったと。
Wikiには「餅が白鳥となって稲荷山に飛翔して子を産み社となった」
と出てましたが。

どちらにしても、糸口見つかり。
それらしき物語を数冊、図書館に予約入れてみました。
いつかの絵本に出会えるかなぁ・・
童話だと、お米がとれなくなって貧乏になってしまうという
結末もあるようで。

今日の講座とは全然関係ないお話ですけど、
まずは、楽しみです。

そういえば、、、余談ですが、
一昨日、伏見稲荷近くに住むKさんからかなり久々に
メッセージいただいたばかりでした(苦笑

2009
10/12
*Mon*

ちょっと嬉しい

この3連休お勉強だったのですけど。
(、、といってもお話聞いて来ただけですが汗
今日まほろば館で講座のあと、演歌歌手の原田悠里さんが
来ていらしたので、歌を聞いてきました。



・・・良かったです(涙目
演歌の世界は疎いもので興味本位で覗いてたのですが、
小椋佳さんの歌詞に胸いっぱいになりました。
この、後半「万葉人の~」以降辺り。

平城遷都1300年祭応援ソングだそう。
まるで素人の学びの一歩を先人に応援してもらったようで、、
ちょっと嬉しかったです。

そして、
ちょっと嬉しい今日のおやつ。

ショートブレッド  麦縄菓子
携帯のレンズ部分にキズがつき、、ボケてます(汗

ビューリーズのショートブレッドと、そうめんのルーツ
奈良の麦縄菓子。
ごちそうさまでした^^

2009
10/11
*Sun*

今日は墨

600年前、明の時代に作られた墨と、天平時代の墨を再現したもの、
江戸時代の金箔貼ったちょっと手抜きのお土産用墨、
そして、正倉院に残っている光明皇后が使ったであろう筆の復元、
触らせてもらいました?(嬉々

墨は30年くらい経つと、良い色になるんですって。
昭和の敗戦後、GHQによって書道禁止令が出たとか(驚
原料によって色味が違う黒、聖徳太子が使ったのは、
当時の青味強い黒色とか。
原料と寝かす期間で違う価格、1万円の墨は3年寝かしてるとか。

今日は柿本人麻呂と墨のふたつのお話で。
人麻呂の歌も良かったけれど、墨のあれこれ、面白かったです。

2009
10/09
*Fri*

こまどりさん

category : 映画 | 日記 | 日記
笑わないでね。
昨夜、こまどり姉妹さんと握手しました(笑
こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」の試写会
だったのです。
題のごとく、こまどり姉妹さんのドキュメンタリー映画。

ほんとに失礼なくらい、名前しか知らず。
いつもの部活(試写会)仲間、Kちゃんに声かけるのも躊躇したくらい。

ところが、、、
良かったです、観てよかった。

「歌が好きで歌手になったんじゃないこと、みなさんご存知でしょうか。」
流れる昭和の映像、両親に代わって日銭を稼いだ幼い頃、
とびきり可愛い昭和30年代。
語られる、ファンによる傷害事件に、ガンの闘病、未婚の母。
何より、生きるための仕事。
あの日、あの時、そして今。
おふたり、御年71歳。

初めに舞台挨拶で2曲ほど披露して下さったのですが、上映後も、
会場出口に立っていらしたもので。
もじもじしながら近寄って、ご年配のみなさんの途切れを見計らい
手を出して。
上映中泣いて笑ったKちゃんも、いいよいいよと言いながら、
思わずつられて手をだした(苦笑

一昨夜もブラピ製作の映画を観たのですけど、、、
Kちゃん共々「こちらの勝ち」

観終わって、ちょっと好きになりました、こまどりさん。

2009
10/07
*Wed*

「立ち止まり、足るを知る」

昨夜の「プロフェッショナル仕事の流儀」、良かったです。
酪農家、三友さん。

義妹Kちゃんも番組のファンで、先日もそんな話をしたのですけど。
どうも二人とも、職人系内容に胸熱くなるようで。
・・見忘れることも多々、ですが(汗

自然に逆らわず、身の丈にあった規模で無理をしない。
それでも、利益率高いマイペース酪農。

「立ち止まることと成長とは、無縁ではない」

再放送で、もう一度ゆっくり見たいです。
つくづく、、師は日常の中に在り、で。

Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
10
1
2
3
4
5
6
8
10
13
14
15
16
19
20
21
23
24
26
27
29
30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。