This Archive : 2009年01月

--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
01/31
*Sat*

愕然

月の土地販売、大切な人に『月の土地』・・・
なんて文字を見て、寒くなりました。

月だけでなく、火星や金星までも。
土地を販売して、権利書を発行するのだそう。

いったいぜんたい、人というものは、、、
脱力、溜息。
スポンサーサイト

2009
01/30
*Fri*

ささやかな楽しみ

ドラマ「ありふれた奇跡」を見ています。
昨夜は第4話、、2話目を見逃してしまいましたけど。
ケルト好き主人公と、エンヤの曲が主題歌ということで。
・・・ケルト大好きですからハートG

先週今週、男性主人公翔太の言葉に、時折、かつての自分を
感じてハッとしました。
もうずいぶん前、いちばん、苦しかった時のこと。
ケルトに呼ばれ始めた頃、ケルト音楽を知った日、
初めて体感したアイリッシュ・ダンス。
ミゾオチの疼き、血の騒ぎ、感動と喜び・・。

昨夜は翔太の部屋に並んだケルト本に、まるで自分の本棚
見せられているかのようでニンマリ。
壁に貼られたウィリアム・モリスの植物模様が、ケルト十字や
組紐模様、アイルランドやスコットランドの遺跡系絵柄だったなら
もっと良かったな。

絞り出すように過去の辛い傷を話した先週の翔太の姿に、
思わず、昔の痛みが重なって、涙。
決して同じではないのですけど・・・
なにげにまだ残ってた、傷の跡(苦笑)

これからどんなケルトネタが出るか楽しみです。
って、ほんとは、痛み持つこの静かな人たちの今これからの
言動や変化が楽しみで。

そうそう、明後日はインボルク。
ケルトの火の女神、ブリジットの聖なる日でした。
節分も、もうすぐ。
春です、春。クローバー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【追記】 
第2話こちらで見られました(万歳!)→無料動画オンデマンド 

2009
01/29
*Thu*

忘れてました、大事なこと。

ひとりで考えて、ひとりで決めて、ひとりで動いて。
自己完結、事後報告。
・・いつものパターン。

大事なこと、忘れてました。

時に相談すればあらたな「良かれ」が見つかることを。
自分だけの「良かれ」にならずに済むことを。

ただ聞く、ただ話す、その大切さを教えてくれた場と人たちなのに。
相談、ということをしてなかった・・・><

それを思い出させてくれた時間でした。
今夜の春の宴。

すっかり欠席の覚悟だったのに、声を掛けてくれてありがとう。
迎えてくれてありがとう。(まりりーな!!・・

終了間際の短い時間、
イアン&ロージーに会えて嬉しかった。
名を呼んでくれた人たち、温かい手が嬉しかった。
欠席は、ほんとうに辛かった。

・・今日もありがとう、フィンドホーンの家族たち(嬉泣

Expansiveness
Angel® Cards ©1981 Drake and Tyler.

2009
01/27
*Tue*

ぎりぎりセーフ

どうしても忘れてはいけない日がありまして、、、
それをすっかり忘れておりました。
前日の今日、昼過ぎまで。

ふと気づいて、大慌て。
もしも忘れたものならば、その後またそれ以上に
神経使うことになり・・・ぶるっ(震
とりあえず、、セーフ。

でもそれで、ひとつ楽しみ手放すことに。
何せ、出費を要するものでしたから。
このところ、日々節約モードです。

・・行きたかったなぁ、イアン&ロージーに会いに。

でもこれで、毎年恒例、義理ひとつ無事クリア。
ほっ。

2009
01/24
*Sat*

熊野古道「首都圏」フォーラム

熊野古道「首都圏」フォーラムに行ってきました。

柳生博さんの講演と、柳生さん・修験者の五條良知さん・作家の
中上紀さんのトークセッション。

熊野古道「首都圏」フォーラム

お正月は神社に初詣、お盆は線香をあげ、冬になればクリスマス、
結婚式は教会で、子供が生まれると宮参り・・
この、かつて日本人は節操がないと言われたことが逆に
認められたのが、この世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」
熊野古道だと。

自然信仰、真言密教、修験道、それを結ぶ融和の祈りの道。
多種多様な生物植物、人の手が入った里山。
自然と人との共生、今に続く人の営み、受け入れともてなし。
もともと日本にあった、自分以外はすべてありがたいという考え方。
それを残す地。

昔々、人々が命懸けで歩き目指した聖地霊場。
どうか、時間に追われることなくひと時、手を合わせ思いを馳せ、
自分の熊野古道を感じて欲しいと五條さん。

柳生さん曰く
「確かな未来は懐かしい風景の中にある」
いろんな植物生物が混ざる雑木林、この混交林が鳥を呼び
花咲かせ、根を張り流水に耐え、命育みお互いを育てる。
子供の頃、グズグズしてると野良仕事をしろと言われたそう。
野良仕事ってね、野を良くする仕事なんですよ、と。

過去、カミーノ(スペイン巡礼路)を歩きたいなんて言ってた自分が
バカでした。
わざわざ遠くに行かなくても、先人たちの道しるべは志ある人たちに
守られて、この国のそこかしこに残されているのに・・

いつか歩きたい熊野古道。
そんな参考気分で足を運びましたが、深いお話伺えました。
しかし、、、残念だったのは、
聴講者に若い人の姿がほとんどなかったこと。
あぁ、なんてもったいない!!

2009
01/20
*Tue*

教育勅語を知っていますか?

category : 和・日本
この年になって、、初めて教育勅語が何たるかを知りました。

先週寂聴さんの講演会の日、最寄り原宿駅で降りたもので、
これまた最寄り明治神宮に参拝し、説明書をいただいてきたのです。
昔々どこかで聞いてたかもしれませんが(・・汗)、自分で目にしたのは
おそらく、、、初めてだと。

読んでびっくり。
戦争時のマイナスイメージしかなかったもので、どんなに
ひどいものかと思ってましたから。
(長いので、興味ある方 本文・口語訳→コチラ

水を飲んで 蛇はこれを毒にする
水を飲んで 牛はこれを乳にする
これ、ちょうど少し前に知ったお釈迦様の教え。
・・なるほど。

やっぱり、自分で直接見聞き体感してみるものだ、と思いました。
つくづく。

2009
01/19
*Mon*

学ぶ女子

木曜日に会った新婚Tさんはここのところすっかりパリにはまっていて、
教育テレビのフランス語会話が楽しくてしょうがない。
もちろん、日々の情報集めも欠かさずに。
おしゃべりご飯のあとも、本屋で気になってる本探し。

本日初詣のNさん。
昨年4月からの東洋医学系夜間学校がもうすぐ1年目終了。
昼間フルタイムで働いたあとの学校は週6日。
若い子に交じっての学校がとても楽しい、だからかも。
よくやったなぁ、と、チーズケーキぱくり。

楽しんでる顔と学びたい意欲が刺激になって、
こちらまで、なにか学びたくなってくる。
そういえば、Sさんはアイリッシュハープを習い始めたそうだし。。

これも、春の気配かな。

2009
01/14
*Wed*

寂聴さん講演会

瀬戸内寂聴さんの新刊「寂聴と読む源氏物語」の発売記念講演会に
行ってきました。
ミクシィコミュで知った饗和堂さんのプレゼント企画、ご招待。
・・・感謝ハート

なにぶん平安以前の古代史が大好きでして、、、
恥ずかしながら、源氏物語はキチンと読んでおりません。
なのでこの機に、ちょっとずつ手を出してみようかなと。

1000年前の人間模様、恋愛模様。
いかに世界最古の恋愛小説「源氏物語」が素晴らしいかと
熱弁聞いているうち、紫式部自身に興味津々。
さて、見ぬ世の友ともっと語らわねば。。

それにしても、、、
「何のために生きているか。
自分が居ることで、周りの人を幸せにするため。
あなたがいるから、家族は安心して学校に行ける、仕事に行ける。」
「忘己利他(もうこりた)、日本人は昔はこれができていたんです。
自分のためでなく、他の人のために働く。」
「死刑には反対です。なにモノも殺してはいけない。
連鎖を切らねば。」
「・・さんとは考え方が違うんです。でも、仲良しです。
お互いを認めてる。」

86歳。
お元気だけど、耳が聞こえにくいとおっしゃる中、
質疑応答での思いのたけに、、ウルッ(涙)
それまでさんざん笑わせていただいたのに。

初ナマ寂聴さん、体感できて良かったです。
寂聴さんが大好きだった元同僚、Hさんを思い出しました。
元気かなぁ。。

2009
01/14
*Wed*

たとえ明日、、

category : 映画
地球が滅びるとも、君は今日リンゴの木を植える。
映画「感染列島」の試写会に行ってきました。

感染列島
(C)2009 映画「感染列島」製作委員会

見えない脅威にボロボロにされながらも、それでも
かすかな光を探す命懸け、たくさんのそれを待つ命懸け。

なにより、ウィルスより残酷なのは、恐れに取りつかれた人の言動、
誹謗中傷。
悲しいことに、、それもまた必死。

生きて欲しい、生きて欲しい。
今あるいのちを守らねば。
人間が地球のウィルスになりませんように。
そして、日々どこかで命懸けの人たちに、深く深くありがとう。

例えヘナチョコパンチでもミジンコパワーでも、
自分も、リンゴの木を植えたい。
今、そんな感じです。

2009
01/12
*Mon*

蟹塚縁起

category : 読書
・・・ってどなたか読んでいませんか?
梨木香歩さん著の絵本「蟹塚縁起

蟹塚縁起

たとえ月日が流れても姿形が変わっても、忘れない前世の恩。
昼間助けた小さな沢蟹たちのいじらしい律義さに、思い出す、
過去の無念。

次から次へ、命懸けのその小さく礼儀正しいけなげな姿に、
蟹を捕らえ嘘をついた名主の息子も、主人公とうきちを責めた名主も、
許せよと謝る。
動く心、深い因縁と許し。
過去の恨みが手放されたあと、その言葉がまた温かい。
ん・・・・涙。

思わず、自分が今いる地とのご縁を思ったり、小さな虫の羽音に
命をより感じたり。

沁みます、このお話。

2009
01/11
*Sun*

クリック募金

ブログパーツを検索していたら、クリック募金をみつけました。
(ご存知の方はスルーしてね!)
クリックひとつで自身に負担はかからず、スポンサー企業さんが
代わって寄付してくれるというもの。

植林活動支援とか、子供の教育支援とか、もろもろ。
数日前から、クリッククリック。
・・・って、それだけ時間があったってことなんですけど(苦笑)

おヒマな時、いかがですか!?
芽生え ふたばクリックで救える命がある。
芽生え ふたばイーココロ!クリック募金
芽生え ふたばモッタイナイ
芽生え ふたばKDDIクリック募金キボウのカケラ

2009
01/10
*Sat*

みてござる

五反田の薬師寺東京別院さんでお写経してきました。
お写経することで、奈良薬師寺の白鳳伽藍復興に協力できるのです。
納経料2,000円也。

書いたものは後日奈良に運ばれ、日付毎まとめて保管されるのだそう。
1300年続いた薬師寺が無くならない限り1000年でも(笑)、と。

なにより、たとえ植木のひと枝分でも、砂利石ひとつ分でも、
次の世代に残せる役に立てるのなら嬉しいなぁ。。
昨年は伽藍復興に携わった方たちの言葉や物語で、ずいぶん
大きな感動と教えをいただきましたから。

しかし・・何年振りでしょ、硯で墨を磨ったの。
今年は字を丁寧にって思っていたのに、、、筆使い下手すぎ汗

およそ1時間、書き終えてホッと一息、写経場出てみたら、、、
壁に「みてござる」
あらら><

襟を正して、自分にもいちど言い聞かせ。
走らないでゆっくりと。
ひとつひとつを丁寧に。
ふぅ。

・・・ほらほら、今もどこかで「みてござる」(笑)

2009
01/08
*Thu*

お正月のひとコマ

普段お笑い番組はまったく見ないので、急に
「Wエンジン見に行くけど行く?」と言われても、さっぱり???

にもかかわらず、行ってみました「のんほいパーク」
帰省先、実家最寄りの動物園。
もう、先週日曜のことですけど。

野外イベント、強風のなか笑わせていただいたあと、
ブログ用にと観客交えて集合写真。

翌日、さっそく同行お笑いファンの弟がブログ検索、プリントアウト。
写ってました~、おぼろげながら^^ (当日記事コチラ
弟夫婦に姪っ子、私。

こんなささやかなことで、なにげにお笑い番組気になってます。
単純なものです(苦笑)

それにしてもWエンジンさん、、、
強風のなか、薄着で御苦労さまでした。
この積み重ねが未来のチカラ、がんばれ~!

2009
01/07
*Wed*

七草粥食べました

category : 食・茶
粥・・というより雑炊ですが(苦笑)
スーパーで買ってきた七草セットに、先日伊勢の外宮でいただいた
神饌の鰹節を削って。

土の香りがいいですね。
鮮やかな緑、生命のチカラ雑草

ホントは、吉方を向いて
「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、
バタクサバタクサ」(Wikipediaより)
・・のような歌を歌いながら、七草をきざむのですって。
時すでに遅し、七草はお腹の中、ですが。

今年は暦の行事をもっと意識して過ごそうと思っています。
せっかくの先人たちの知恵なのに、今まであまりに無知すぎましたから。

2009
01/07
*Wed*

迎春

category : ごあいさつ
はじめまして、たまよりです。

遅ればせながら、、、
あけましておめでとうございます。

初詣、行ってきました。
2日にお伊勢さん。
初めて、外宮で御神楽奉納しました。
今年の初感激初満足?v

想定していたものの、、、外宮からバス1時間待ちで向かった内宮は、
やっぱり相当な賑わいでした。
手水を使ったあと、御正宮前までたどり着くのにまたまた1時間くらい。
押し合いへしあい、お賽銭が後頭部に飛んできまして、、、
今年は当たり年ですか!?(苦笑)

最前列大の字になって参拝者整理をしていた警備の方も
「今年はおかしい・・」
とおっしゃるほどの参拝ラッシュ。
それでも、なんとか内宮参拝後伊雑宮にもご挨拶してきました。
神恩感謝。

遷宮御造営資金を奉納して特別参宮証をいただいたので、
楽しみに次回御垣内特別参拝をさせていただくことに。
今度は、気候の良い頃がいいなぁ。。

なにはともあれ、
新春万福かどまつ
どうぞよろしくお願いします。

Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
01
1
2
3
4
5
6
9
13
15
16
17
18
21
22
23
25
26
28

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。