This Category : 和・日本

--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07/03
*Wed*

それは、遠くない昔

category : 和・日本 | 日記 | 日記
もーう、ね(憤!
一昨日の講演、笑ってるんですよ歴史家で作家だという某氏。
大河ドラマはウソばっかり、「八重の桜」もウソ。
会津は喜んで京都守護職を受けたのだ、資料にそうある、
佐久間象山の元で八重の兄山本覚馬と同時期に学んだ坂本龍馬が出て
こなかったのは、出ると覚馬が目立たないから(笑)、って。
まったく・・

ウソや作りごとがあったって、
忠勤を尽くした会津が憎まれ、見せしめのように犠牲となって理不尽で容赦ない
仕打ちを受けたのは事実。
それを自分は歴史の授業で一切教わらなかったというのも事実。
笑いをとるためにテレビの時代劇並べてケチばっかりつけてるよりも、その中に
ある事実を広げて次に関心を繋げられるようなお話をしてくれたらいいのに。
子供でも興味を持つような。
誤りを正すのは最重要なことだけれど、プロなんだもの。

テーマは「飛鳥と聖徳太子」の飛鳥学講演会でしたけど、ほぼテーマ外のお話
でした。
はぁ(興醒
その前の、最新飛鳥発掘報告はわかりやすかったなぁ。。

このところ、気づいたら会津の戊辰戦争がらみの本ばかり借りてきてました。
戦に至るまではご存知の方には言うまでもなく、そしてまた降伏後の会津藩に
対する明治政府の処分のひどいこと。
戦で亡くなった人たちの亡骸は片付け禁止、土地は没収、侍は全員拘禁され
各地に送られ粗末な謹慎所暮らし。
再興させないために、北海道や青森下北地域への移住。
差別と略奪。
飢えと病で命を落とす人々。
大久保利通の書簡には「まことにもって大愉快と申すべし」

たった150年ほど前の同じこの国内での修羅場に、今年かなり強烈な衝撃を
受けています。
「ザンギリ頭を叩いてみれば文明開化の音がする」なんて軽く綺麗事のように
教わったけれど、どれだけ多くの人を殺め生きながら踏みつけ進められたもの
だったか。
優秀な人たちはみな、命を奪われてしまった。
明治維新ってなんだったのだろう。
今からでも、救えるものなら救ってあげたい。
誰も彼も。

人は誤まるし、過ぎて初めてわかることも多い。
結果は後の行動で変わるのだから、気づいた都度都度やり直しや軌道修正。
痛みを知ってまた、他の痛みを思う。
大なり小なり。
自分の祖父母の祖父母辺りが生き暮らした時のこと、とても、遠いこととは
思えません。
明治維新のA面とB面(野口健さん風、苦笑)。

それにしても、
昨年の今頃は幕末の会津藩のようでした。
振り返れば、そこにいる自分

偽りの明治維新
スポンサーサイト

2011
04/16
*Sat*

篳篥の音色が沁みます



篳篥(ひちりき)と言えば。
今年も明治神宮、春の大祭は4/29(金・祝)から5/3(火)まで。
舞楽の奉納は、29日の朝11時から。
美しいですょ。

ちなみに、、
篳篥の音色は人の声で地上の音。
笙は天上から射し込んでくる光、龍笛(りゅうてき)は天地を行きかう
存在、龍の鳴き声で天地の空間。
その演奏は天地空を合わせて宇宙を作る、のだそうです。

2009
10/17
*Sat*

もちのまと

category : 和・日本 | 日記 | 日記
子供の頃読んだ絵本で、
「お餅を的にして矢を放ったら、白い鳥になって飛んで行った・・」
というような物語があったのですけど、どうしても題名と内容が
思い出せなくて。
なんとなく、気になっておりました。
また読んでみたいような。

そしたら今日、「出雲神話の魅力」の講座でいただいた
出雲学通信第5号の記事の中に、その元らしきお話が
出てました?(嬉々

山城国風土記に出てる伏見稲荷の起源説話だとか。
とある方がお金持ちで食べ物が余ってしまうので、お餅を的にして
弓を射ると、鳥に変わって飛んでいき、稲になったと。
Wikiには「餅が白鳥となって稲荷山に飛翔して子を産み社となった」
と出てましたが。

どちらにしても、糸口見つかり。
それらしき物語を数冊、図書館に予約入れてみました。
いつかの絵本に出会えるかなぁ・・
童話だと、お米がとれなくなって貧乏になってしまうという
結末もあるようで。

今日の講座とは全然関係ないお話ですけど、
まずは、楽しみです。

そういえば、、、余談ですが、
一昨日、伏見稲荷近くに住むKさんからかなり久々に
メッセージいただいたばかりでした(苦笑

2009
09/13
*Sun*

昨夜のドラマ

戦場のメロディ ~108人の日本人兵士の命を救った奇跡の歌~
を観ました。

知らなかった、知らなかった。
父母が見ていた懐かしのメロディー系番組で昔耳にしたことがある
ああモンテンルパの夜は更けて」という歌に、そんな背景事実が
あったなんて。

終戦後、フィリピンのモンテンルパ刑務所に戦犯死刑囚として収容
されていた100人以上の日本人。
そこに収容されていたお二方が作詞作曲した、日本を家族を思う歌でした。



フィリピンで行われた日本軍の殺戮。
一方、反日感情渦巻く中、指差しで関連有無言わず確定された
戦犯死刑囚。
その人たちの為に、現地で日本で、力尽くした人たち。
そのひとり、歌手の渡辺はま子さん。
結果、死刑囚解放となるきっかけとなったこの歌。

昨日、大東亜戦争中海上で漂流する英国海軍将兵400人以上を救出した
日本の海軍駆逐艦の話「海の武士道」を読み終えたところです。
そしてまたその足で、予約していた「野口健が聞いた英霊の声なき声―
戦没者遺骨収集のいま
」を図書館で借りてきたところ。

今の平和は、見えない知らない犠牲や過ち、忍耐勇気の繰り返しの上。
終戦を迎えても、まだまだ戦争が終わらなかった人たちがいたこと、
いること。
その中に、自分の祖父母や父母、縁有る人たちもいたこと。

喜怒哀楽の日常。
今、生あるのはなんて貴重な・・・
合掌。

海の武士道  野口健が聞いた英霊の声なき声

2009
01/20
*Tue*

教育勅語を知っていますか?

category : 和・日本
この年になって、、初めて教育勅語が何たるかを知りました。

先週寂聴さんの講演会の日、最寄り原宿駅で降りたもので、
これまた最寄り明治神宮に参拝し、説明書をいただいてきたのです。
昔々どこかで聞いてたかもしれませんが(・・汗)、自分で目にしたのは
おそらく、、、初めてだと。

読んでびっくり。
戦争時のマイナスイメージしかなかったもので、どんなに
ひどいものかと思ってましたから。
(長いので、興味ある方 本文・口語訳→コチラ

水を飲んで 蛇はこれを毒にする
水を飲んで 牛はこれを乳にする
これ、ちょうど少し前に知ったお釈迦様の教え。
・・なるほど。

やっぱり、自分で直接見聞き体感してみるものだ、と思いました。
つくづく。

Copyright © たまより日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

プロフィール

たまよりあまくり

Author:たまよりあまくり
裏庭へようこそ!
スコットランドにアイルランド、
古事記に万葉、飛鳥・奈良。
ケルトの国と日本の昔々が
大好きです。
興味ごころの向くままに、
できることからひとつずつ、ね。

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新コメント

自動翻訳

Powed by ウィンドウズの玉手箱

リンク

今できること

クリックで救える命がある。 MOTTAINAI

ご訪問ありがとうございます

※1日1カウントです。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。